auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

auスマホの料金を少しでも安くする6つの方法|格安SIMへの乗り換えやプラン変更でお得にしよう!

2018/09/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今現在、auスマホを使っていると、一度は「毎月の利用料金がちょっと高いなぁ」と思ってしまうことってありますよね。

実際、携帯電話の満足度やシェアを調査する「MMD研究所」によると、三大キャリアで利用している方の9割以上が、料金が高いと感じているとの発表がされています。

そのため、今ではスマホを格安で持つことができる「格安SIM」の登場や新しい格安プランが発表され、スマホの料金が安くなる流れへと移り変わっています。

そこで今回は、auスマホの料金を少しでも安くための方法として、徹底的に調査した内容をご紹介していきますので、スマホの料金を少しでも安くしたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

本当にスマホ料金を抑えたいなら、格安SIMに乗り換えるのが良い

三大キャリアである「au」「ドコモ」「ソフトバンク」は通信の質やサービスが非常に高いため、それだけ料金がかかってしまいます。一方の格安SIMでは、三大キャリアの回線を一部借りて消費者に格安でネットを提供しているだけなので、料金がかなり抑えられています。

そのため、auから安SIMに乗り換えると通信料金を3,000円以上安くすることができます。

 

auから乗り換えるなら、auの子会社である「UQ mobile」がおススメ

auの格安SIMと言えば、UQ mobileと呼ばれるほど人気で有名な格安SIMです。以下の図には、UQ mobileで申込みができる料金プランを示しています。

上の図をご覧になるとお分かりの通り、UQ mobileでは最低1,980円でスマホを利用することができるため、auスマホよりもグッと安く使うことができます。

UQ mobileはauの子会社ということもあり、auから乗り換える際は、電話番号を変えることなくすぐにUQ mobileのスマホを使うことができるのも特徴です。他にも、今使っているauスマホのまま、UQ mobileに乗り換えも可能なので、端末代金を節約したい方にもおススメの会社です。

今なら6,000円のキャッシュバックキャンペーンも開催中です。

>>UQ mobileの申込みサイトはこちらから

 

しかし、UQ mobileの通信速度はauと比較して遅いので注意!

UQ mobileでは料金を安くする分、通信速度はauと比較してそこまで速くはありません。実際、UQ mobileのスマホを利用している方の評判を見てみると、遅いといった口コミがいくつもありました。

速度に関しては、Kbpsほどの速度しかでないという報告がされています。

以上のことから、格安SIMの通信速度はauと比較して、速くないため、今の通信速度で満足している方には、おススメできません。

ですが、速度はある程度でいいから、料金を安く抑えたい方には、ピッタリな通信会社です。

 

auスマホを安くする6つの方法

ここまでauから格安SIMに変更することで、スマホ料金を安くすることを紹介しました。

ここからは、auから乗り換えることはなしに、auスマホ料金を安くする6つの方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にどうぞ。

 

①auスマホの料金プランをauピタットプランに変更する

最近、CMや広告でよく見かけるのがこの「auピタットプラン」です。こちらのプランを上手く利用すると、月額料金を一気に抑えることが可能です。

auスマホの料金プランを今一度確認しておくと、大きく分けて以下の4つに分類されます。

  • LTEプラン
  • auピタットプラン
  • auフラットプラン
  • データ定額プラン

auでは以上のようなプランを提供していますが、その中でも、最も安くてお得なプランはauピタットプランとなっています。というのも、auピタットプランが導入された背景としては、2017年よりKDDIが格安SIMの料金に対抗するために設定したからです。

ですので、従来までからある「LTEプランやデータ定額プランなどのプランよりも料金を安く抑えることができます。では、実際にauピタットプランがどれほど安いのかを下表で見てみると、一目瞭然です。

契約プラン 月額料金
LTEプラン 6,934円
auピタットプラン 1,980円~
auフラットプラン 5,500円~
データ定額 4,900円~

auピタットプランは、利用したデータ容量に応じて料金が変動する「データ定額の自動段階制」と無料の通話時間によって料金が変動する「電話カケ放題」の2つのプランから成り立っています。

「データ定額の自動段階制」は、1GBから20GBまでのデータ容量があり、月間のデータ容量に応じて段階的に料金が加算されるプランとなっています。例えば以下の図に示す通り、1カ月のデータ利用量が1GB未満であれば1,980円で利用できるのに対し、1GB以上になると自動的に2,980円と値上がります。

従来まではデータ定額が決められており、もしそのデータ容量を超えると速度制限に引っかかってしましたが、auピタットプランでは最大20GBまでは自動的に容量が大きくなっていきます。ですので、定期的にご自分がどれほどデータを利用しているか確認しておくことが必要となってきます。

また、「電話カケ放題」では「スーパーカケホ」と「カケホ」の2つから選ぶことができます。月額料金が1,700円の「スーパーカケホ」は、1回5分以内の国内通話が24時間かけ放題になるプランです。

一方の「カケホ」は、1回あたりの通話時間に制限が無く、国内通話が24時間かけ放題になるプランとなっていますが、その分月額料金は2,700円とスーパーカケホより高めの料金となっています。

では、最後にauピタットプランのデータ定額と電話かけ放題を合算した月額料金を見ていきましょう。

データ容量 月額料金(スーパーカケホの場合)

auスマートバリュー+スマホ応援割適用

~1GB 1,980円
~2GB 2,980円
~3GB 3,480円
~5GB 4,480円
5GB~20GB 5,480円

*1:カケホの場合、表記の料金に+1000円
*2:auスマートバリュー適用(500円割引),スマホ応援割適用(1,000円割引)

あまりスマホを使っていないのにも関わらず、毎月8,000円以上の利用料金を払っている方はauピタットプランに変更することをオススメします。※ただし、毎月のデータ容量が3GB以上超えている方はそのままの契約プランの方がお得になります。

 

②有料オプションを解約する

auショップでauスマホを申込むと、店舗のスタッフがauスマートパスやauビデオパス、auディズニーパスなどの有料オプション(月額400円ほど)に加入させていることがあります。

確かに、これらのサービスは便利で活用できる人には役に立ちますが、これらのサービスを全く使わない人が加入していると、無駄な支払いをしていると言わざるをえません。ですので、現時点ですでにこれらの有料オプションに加入しており、全くその機能を使っていないのならば、すぐに解約をしましょう。

(※オプションの確認方法はauスマホに入っている「My au」から「ご契約内容」→「スマートフォン携帯電話」→「お客様登録情報の確認・変更」を順にタップしていくことで、加入しているオプションが確認できます。)

解約方法は、auショップのスタッフに解約を申し出るか、ネット上で解約するかのどちらかです。

ネット上で解約する方はこちらからどうぞ。

 

③自宅のインターネット回線をauひかりに変える

せっかくauスマホを使っているのに、ご自宅のインターネット回線がフレッツ光などのauとは関係のないものになっていませんか?

実は、auスマホと関係のないインターネット回線を使っていては、非常にもったいないんですね。

なぜなら、KDDIが運営しているインターネット回線のauひかりとauスマホをセットで利用すると、スマホの月額料金を最大2,000円も割引することができるからです。※この割引サービスをauスマートバリューと言います。

しかもauスマートバリューの凄い所は「家族全員で利用できる割引」になっており、仮に4人家族がauスマホを利用していたとすると、月額料金は最大8,000円(2,000円×4人)の割引となります。

現在、ご自宅のインターネット回線が割引サービスの一切ない「フレッツ光」などの光回線なら、auひかりに乗り換えることをおススメします。

しかも今なら、auひかりへ乗り換えても解約時の違約金や工事費などの初期費用、高額キャッシュバックがもらえるキャンペーンも実施しているため、乗り換えする方も安心です。※下図はauひかりに乗り換える際に申込めば、もらえるキャッシュバック金額を紹介しています。

>>【auひかりに乗り換え】キャッシュバックがもらえる窓口はこちらから

 

④家族割を活用する

au家族割とは、au端末を使っている家族が適用される割引であり、一緒に暮らす家族の他にも、離れて暮らす家族でも利用可能です。家族割の詳細は以下の通りです。

  • 24時間国内通話が無料
  • Cメールが無料
  • 2年契約にすることで、基本使用料が1,500円割引になる

au家族割は、申込みが自動的にされるわけではないですので、もしかすると加入していない可能性があります。確認方法はKDDIお客さまセンター(157番:通話料無料)の問い合わせでOKです。

もし、加入していないのが分かったらこれを機に加入しておくのが良いでしょう。

 

⑤支払いには、au WALLETカードを利用する

au WALLETカードとは、auが公式に発行しているカードのことであり、このカードを使うことでWALLETポイントが貯まる仕組みとなっています。

auスマホの料金をWALLETカードで支払うとすると、1,000円あたり10ポイント貯まりますので、銀行ATMや窓口での払いよりもお得になります。

ちなみに、貯まったWALLETポイントは、auスマホの料金に充てることも可能ですし、コンビニやネットショップでの支払いに利用することもできます。

 

⑥紙の請求書からWebの請求書に変更する

今現在、auから紙の請求書を送ってもらっていませんか?実は、紙の請求書の場合、消費者に郵送する手数料として200円かかっていますので、年間で2,400円もの料金となってしまいます。

しかし、Webの請求書は自宅に送る必要がないため、無料です。

ですので、もし、紙の請求書を送ってもらっている場合、すぐにWebの請求書に変更することをおススメします。

紙の請求書からWebの請求書へ変更する方法は、KDDIお客様センターやネット、もしくはauショップの3つでできますので、ぜひ変更してみてください。

 

まとめ

ここまで、auスマホの料金を安くする方法についてご紹介しましたが、すぐに実践できそうのは料金プランの変更でしょう。旧プランから新プランに変更する場合は、auショップもしくはネットでできます。

また、さらに料金を抑えたい方は格安SIMへの乗り換えも検討してみても良いでしょう。

その他にも、auひかりとauスマホのセット割引である『auスマートバリュー』もauならではの割引サービスです。自宅のインターネット回線がKDDIと関係がない場合、このようなお得なサービスが受けられないので、auユーザーならぜひauで統一させたいものです。

今ならauひかりでは初期工事費や違約金の負担やキャッシュバックなどキャンペーンが実施されていますので、ぜひ乗り換えを検討してみても良いでしょう。

>>【auスマホが安くなるauひかり】キャッシュバックがもらえる窓口はこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2017 All Rights Reserved.