auで買えるスマホ「Galaxy(ギャラクシー)」の評価は良い?悪い?割引サービスやキャンペーンも実施中だよ。

   

Galaxyスマホはauの中でも人気の機種の一つです。世界的にもスマホのシェア率は第1位となっており、実はあのiPhoneよりも販売台数が多いのが特徴となっています。

今回はそんなGalaxyスマホについて、以下の順でご紹介していきたいと思います。

  • Galaxyスマホの特徴とは
  • 最新スマホの情報
  • ユーザーからの評価・レビュー
  • auでGalaxyを買う場合(購入場所や販売価格)

Galaxyスマホの特徴をはじめ、ユーザーからの評価が気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1. Galaxy(ギャラクシー)スマホの特徴とは

Galaxyは、韓国企業のSamsungが手がけるスマホ・タブレット・ウェアラブルデバイスのシリーズです。Galaxyもあらゆる層のユーザーをターゲットにしており、スマホの世界シェア率においては現状1位を獲得しています。

auで発売されているGalaxyスマホはハイスペックモデルの「S」シリーズや「Note」シリーズが有名です。

auで取り扱われているGalaxyスマホの大きな特徴は、ディスプレイの左右を湾曲させることでより大きな画面サイズを実現している点です。これは、他社スマホの多くが液晶ディスプレイを採用している中、Galaxyは湾曲可能な有機ELディスプレイを採用しているからです。

これによりエッジスクリーンという独自の機能が実装可能になりました。エッジスクリーンでは頻繁に使うアプリを登録して瞬時に起動したり、電車の乗換情報やCPU・メモリの使用率等を表示したりすることが可能です。

単に画面サイズを大きくするだけでなく、こうした独自の技術も実装されています。Galaxyはタブレットも手がけていますが、auでの取り扱いは10インチサイズのGalaxy Tab Sまでとなっています。

 

2. Galaxyの最新スマホ「Galaxy Note8」

auで販売されているGalaxyの最新スマホは「Galaxy Note8」です。大画面スマホの先駆けであるGalaxyのNoteシリーズ最新作のGalaxy Note8は、iPhone Xと比較されることが頻繁にあります。

それはどちらも、現状発売されているハイスペックスマホの2トップであり、どちらも画面を湾曲させた有機ELディスプレイを採用している等様々な理由が推測されます。

CPUはXperiaと同様にオクタコアのものを搭載していますが、メモリに関しては6GBを搭載しています。そのため、3Dゲーム等高い処理性能を要求されるアプリもストレスなく使用できます。このスペックは、手元に収まるパソコンと言っても過言ではありません。

それを証明するように「DeX Station」という外付けクレードルを使うことで外部モニターにGalaxy Note8の画面が映し出され、パソコンのように使うことが可能です。

そして本体に収納できる「Sペン」という純正のスタイラスペンを使うと、画面消灯状態でもすぐにメモを取ることが出来たり文書ファイルに手書きメモを追加したり出来ます。

さらに英語表記の単語や文章にSペンをかざすだけで、瞬時に日本語に翻訳をしてくれます。

背面のメインカメラは望遠レンズと広角レンズの2種類を搭載したデュアルレンズを採用しています。これにより、背景をぼかし被写体を際立たせるライブフォーカス機能を活用して本格的な写真を撮影することが可能になりました。

こうしたGalaxy Note8特有の機能を見ると、iPhoneやXperiaに比べてビジネスシーンで活躍するスマホだと言えます。

出先でのメモや撮影や録音をGalaxy Note8で行い、デスクではDeX Stationに接続して内容を編集します。

また、出先でファイルを提示した際に写真や文書ファイルに修正箇所があればSペンですぐに訂正のメモを追加するといった使い方が出来るため、プライベートシーンでの使用もおすすめですがビジネスシーンでGalaxy Note8を活用するとビジネスがかなりスマートでスムーズになります。

 

3. ユーザーの評価・レビュー

ここからは実際にGalaxyシリーズを利用している方の評価やレビューをチェックしていきましょう。

 

3.1 画面サイズが大きい

Galaxy Note8はNoteシリーズであるため、やはりユーザーからは大画面だと評価されています。

それに伴い本体サイズも大きくなり持ちにくくなるのかと思いがちですが、実はその点もGalaxyは工夫をしています。アスペクト比を18:9という縦に長いディスプレイにしたのです。

これまでは横にも大きかったため持ちやすさを捨てている感がありましたが、今回からはinfinity Displayというベゼルレス仕様のディスプレイを投入しているため、「大画面ながらも持ちやすく使いやすい」という使い心地を実現しています。

 

3.2 Sペンが便利で使いやすい

Galaxy Note8のもう一つ大きな特徴である「Sペン」は、ユーザーからの評価も上々です。

「Sペン」は、元々メモを取るために搭載された機能でしたが、中にはスケッチに使っているという人も居ました。このようにSペンを使いこなせば、さらに質の高い作品が出来上がりそうですね。

ユーザーによって使い方は違いますが、使い勝手に関しては共通して良い評価が多かったです。

 

3.3 Galaxy Note8のキャッシュバックキャンペーンが最高

Galaxyでは、「Galaxy Note8」のキャッシュバックキャンペーンが実施中です。ユーザーからは以下のような評価を受けています。

実際に実施しているキャッシュバックキャンペーンは、以下の通りとなっています。

キャッシュバック期間は2018年1月12日~2018年4月1日となっています。適用条件に関しては、auで新規契約もしくは機種変更のいずれかを行うだけです。条件が上手くいったら10,000円のキャッシュバックをもらえます。

こういったキャッシュバックを提供している点についても、ユーザーからは高評価でした。

 

4. auでGalaxyスマホを買う場合(購入方法や販売価格など)

auでGalaxyスマホを購入する方法は以下の通りです。

  • au Online Shop
  • auショップ

au Online Shopは、ネット上でauスマホを購入できるネットショッピングサイトです。24時間いつでもどこでも購入が可能であり、送料は無料です。

店頭に行けない方は、こちらのau Online Shopを使って購入するのが良いでしょう。また、auショップでは開店と閉店の時間が定められていますが、店員さんに色々と聞いたり、相談したりできるのが大きなメリットです。

どちらで購入するにせよ、今回紹介した「Galaxy Note8」を購入するとなると、以下のような支払額となります。新プランは「auピタットプラン」や「auフラットプラン」のことを指し、旧プランは「データ定額〇〇GB」や「LTEプラン(7GB)」を意味しています。

新プラン 旧プラン
販売価格 118,800円 118,800円
割賦金 118,800円
(2,475円×48回)
118,800円
(4,950円×24回)
毎月割 0円 ▲51,624円
(▲2,151円×24回)
auアップグレードプログラム ▲59,400円
(2,475円×24回)
0円
実質負担額 59,400円
(2,475円×24回)
67,176円
(2,799円×24回)

新プラン:auピタットプラン、auフラットプラン
旧プラン:データ定額1GB~30GB、LTEプラン

ご覧の通り、実質負担額は新プランの方が低いです。新プランでのみ適用可能な「auアップグレードプログラム」は、2年間で機種変更をすると、残りの端末代金が全て免除になるサービスです。

ですので、新プランでGalaxy Note8を購入すると、半額の価格で利用できることになります。ただし、auアップグレードプログラムを適用させると、2年後の機種変更時にauからGalaxy Note8を回収されてしまうので、手元にずっと残しておきたい方にはおススメできないプログラムとなっています。

一方、auアップグレードプログラムではなく、毎月割が適用されるのは2017年以前に発表されている旧プランです。「Galaxy Note8」では毎月割で2,151円の割引がありますので、実質の負担額がかなり減っていることが分かります。

また、毎月割の場合はauからスマホを回収されませんので、機種変更後でも手元に残しておきたい方は旧プランで申込むのがおススメです。

 

5. まとめ

今回はauで買えるGalaxyのスマホについてご紹介しました。auから新しく発売された「Galaxy Note8」は、ユーザーからも「大画面で使いやすい」「Sペンが便利」「キャッシュバックが最高」といった高い評価を受けているスマホだということが分かりました。

また、Galaxyの販売価格に関しては、他社のスマホよりも少し高めに設定されていますが、新プランの「auアップグレードプログラム」や旧プランの「毎月割」を上手く使えば、販売価格のおよそ半額で利用が可能になります。

auスマホを便利でお得に使うためにも、このような割引サービスやキャンペーンを上手く使っていきたいものですね。

 - auスマホ , , ,