auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

auひかりのプロバイダにGMOとくとくBBは選ばない方が良い?キャッシュバックや評判について解説

 
この記事を書いている人 - WRITER -

auひかりのプロバイダとして、GMOとくとくBBを選べるようになっておよそ3カ月が経ちました。GMOとくとくBBはドコモ光のプロバイダとして人気があり、WiMAXやフレッツ光のプロバイダも務めている実績があるので、auひかりのプロバイダに参入してきたときには多くの人が注目したことでしょう。

GMOは大企業ですから信頼もできるし、とってもいい会社なのですが、auひかりのプロバイダとして選択するのはあまりお勧めできません。というのも、プロバイダ業に関しては安心して契約できるのですが、申し込みの時に貰えるキャッシュバックキャンペーンについては決してお得とは言いづらいからです。

現在GMOとくとくBBからauひかりをGMOから申し込むと、最大6万円のキャッシュバックがあります。

が、しかし、この6万円を貰える条件や手続きが複雑で、もしかしたら貰い損ねる人も出てくる可能性があるんです。そこで今回は、どんな条件で最大6万円のキャッシュバックをゲットできるのか説明していきたいと思います。

ちなみに、同じauひかりを申し込んでも確実に現金キャッシュバックが受け取れて、しかも手続きが簡単なNNコミュニケーションズという会社があるので、こちらもご紹介していきますね。

GMOとくとくBBのキャッシュバックについて

auひかりをGMOとくとくBBから申し込むと、最大6万円のキャッシュバックがあります。とても高額な還元なので目を引きますが、その内訳はこんな感じです。

①GMOとくとくBBのサイトから申し込むと最大3万円

②auひかり新スタートサポートによる最大3万円

つまりGMOからの3万円と、au公式サイトからの3万円のサポートを合わせて最大6万円という内容なんですね。特に問題がないように見えますが、auひかり公式の特典は、GMOから申し込まなくても、他社から申し込んだって貰える特典なんです。さらにauひかり新スタートサポートは、他社からの乗り換えで発生する違約金を最大3万円まで補償しますという特典なので、現金が貰える訳じゃないんです。

他社からauひかりに乗り換える人が対象なので、初めてインターネット回線を申し込む人には関係がないうえに、現金がゲットできる特典じゃないので、実際は6万円ではなく最大3万円というキャッシュバックと思った方がいいでしょう。

では、GMOから貰える3万円は本当にお得なのか?という疑問が出てきた人もいませんか?他社からauひかりを申し込んだときの特典とも比較してみましょう。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックはお得なのか?

結論から言うと、GMOとくとくBB限定のキャッシュバックは、NNコミュニケーションズのキャッシュバック還元と比べるとお得ではありません。

  GMOとくとくBB NNコミュニケーションズ
キャッシュバック金額 最大3万円 最大52,000円
キャッシュバック還元時期 約1年後に手続き開始
1回目:11ヶ月目
2回目:23カ月目
最短2ヶ月で還元

NNコミュニケーションズのキャッシュバックは、もちろんauの公式の特典とは別で最大52,000円です。金額の差に驚いてしまいますが、もう一つ注目して欲しいのが、キャッシュバックの還元時期です。GMOとくとくBBの場合、auひかりを開通してからおよそ11ヶ月後に手続きができる連絡がきます。それに比べてNNコミュニケーションズは、最短2ヶ月でのキャッシュバックです。

この先の「GMO限定の3万円キャッシュバックの内容」の項目でも詳しく説明しますが、GMOのキャッシュバックは2回に分けて振り込まれるので、3万円のキャッシュバックだと1万5千円ずつ2回に分けて受け取ることになります。しかも2回目の受け取り時期は約2年後です。

金額も大きく、還元時期の早さで比較すると、お得なのはNNコミュニケーションズの方だと言わざる得ません。

NNコミュニケーションズのサイトはこちら

 

GMO限定の3万円キャッシュバックの内容

それでもGMOとくとくBBでauひかりを申し込みたいという人のために、キャッシュバックを貰える条件や手続きの方法をご説明していきますね。まずは、GMOとくとくBBのサイトから申し込むと貰える最大3万円キャッシュバックについてです。

キャッシュバックを貰える条件とは

ホームタイプ

  auひかり電話あり auひかり電話なし
ずっとギガ得プラン
(3年契約)
3万円キャッシュバック 3万円キャッシュバック
ギガ得プラン
(2年契約)
3万円キャッシュバック 3万円キャッシュバック
標準プラン 1万円キャッシュバック 無し

 

マンションタイプ

  auひかり電話あり auひかり電話なし
お得プラン
(2年契約)
3万円キャッシュバック 2万円キャッシュバック
お得プランA
(2年契約)
3万円キャッシュバック 2万円キャッシュバック
標準プラン 1万円キャッシュバック なし

どのタイプで契約をするかで、キャッシュバックの金額が変わってきます。いずれにせよ、「ネット」と「auひかり電話」の申し込みをしないと最大3万円にはなりません。

先ほど紹介したNNコミュニケーションズも、ネットと電話の申し込みで最大5万2千円です。同じ契約で2万円以上も差があるなら、NNコミュニケーションズから申し込んだ方がお得ですね。ちなみにNNコミュニケーションズならネットのみの申し込みでも4万円のキャッシュバックがあります。

 

キャッシュバックの申請方法

  1. 申し込み月を含む11カ月目と23カ月目に登録しているメールアドレスにメールが届く(GMOとくとくBBへ入会したときに作られるメールアドレス宛)
  2. キャッシュバック特典振込に関する案内メールが届いたら、振り込み口座の確認などをして返信する
  3. 返信した翌月末日(営業日)に口座に振り込まれる

 

注意事項

  • キャンペーン期間中にGMOとくとくBBのサイトから申し込むこと
  • キャッシュバックが貰える時期までに解約をしたり、対象サービスの変更・解約をしている場合は無効
  • キャッシュバックは2回に分けて振り込まれる
    1回目:11カ月目に対象キャッシュバック金額の半額
    2回目:23カ月目に対象キャッシュバック金額の半額
    ※auひかり電話を契約し、ホームずっとギガ得プランの申し込みをしている人は1万5千円ずつのキャッシュバックになります。
  • 申し込んだauひかり回線を開通期限までに開通しなかった場合は対象外
  • 未納によってサービスが一時停止・強制解約している場合は無効
  • 口座確認の案内メールに期日までに連絡をしなかった場合、または口座情報に不備があれば無効
  • その他GMOとくとくBBが対応困難と認めた場合も無効
  • キャンペーンは予告なく終了・変更される場合がある

 

auひかり新スタートサポートとは?

こちらはauひかり公式からの特典で、他社からauひかりに乗り換えをする人が対象です。他社回線を解約する際に発生した違約金を3万円まで負担してくれます。

GMOではGMO限定の3万円と新スタートサポートの特典を合わせて最大6万円キャッシュバックとしていますが、新規の人には関係のない特典で、違約金相当の還元になるので正直お得感があまりないようにも思います。

 

キャッシュバックの金額と還元方法について

スタートサポートの特典も条件がついています。条件と還元方法は以下のようになっています。

切替前の他社回線サービス auひかり 最大3万円サポート
他回線の
FTTH・ADSL、
他回線のモバイルデータ端末
ホームタイプ au WALLET 残高へチャージ
又は郵便為替で還元
マンションタイプ au WALLET 残高へチャージ
又は郵便為替での還元
最大1万円
月額利用料金から差し引いて還元
最大2万円
(1,000円/月×最大20か月)

もしも違約金などが3万円以下だったら、掛かった解約違約金が上限となって還元されます。他社回線の解約金がサポートされるのは確かにありがたい特典だと思いますが、キャッシュバックとしてお得かというと、少し微妙な感じがします。

また、auひかり公式の特典なので、NNコミュニケーションズで申し込んだとしても受けることができます。

※他社の固定回線とモバイルデータを両方契約しているのであれば、先に申請をしたサービスの方が対象となります。

※au WALLETの残高へチャージができない人は、郵便為替で還元となります。

 

特典の適用条件について

乗り換えをする全ての人が対象とはなりません。また、モバイルデータ端末から乗り換える場合は、NTTドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルのモバイルデータ通信端末でないと対象になりません。

ホームの場合:

  1. 他社FTTH(フレッツ光など)、ADSLサービス、モバイルデータ通信端末からの乗り換えである
  2. auひかり(ネット+電話+電話オプションパックEX)に新規加入すること

 

マンションの場合:

  • 他社FTTH(フレッツ光など)、ADSLサービス、モバイルデータ通信端末からの乗り換えである
  • auひかり(ネット+電話+電話オプションパック)に新規加入すること

※マンションタイプの契約だと最大2万円までのサポートです。

 

auひかり ホーム:auひかり ホーム ずっとギガ得プラン:

  • 36カ月間以上の継続利用を約束すること。

 

auひかり マンション:標準プラン or お得プランA or お得プラン:

  • 24カ月以上の継続利用を約束すること。

 

還元の方法について注意事項

郵便為替の場合

申請受付からおよそ1.5~2ヶ月後に、契約者住所宛に郵送されます。不在などで受け取れず返送されてしまった場合は、1カ月以内に連絡をしてください。期間経過後は再返送は不可です。また、郵便為替を紛失した場合も再発行はできません。

約束をした継続期間中に解約をすると、還元額の全額または一部を返金しないといけない場合もあります。

 

au WALLET 残高チャージの場合

  • au電話番号のau IDに設定されているau WALLET プリペイドカードへチャージされます。
  • 申請書に記載のau電話番号は、auひかり契約者本人か家族のau電話番号であること。
  • 申請書送付時にはau WALLET プリペイドカードの利用開始手続きが済んでいること。
  • 申請からおよそ1カ月後にチャージされます。
  • チャージの時点でau回線が一時休止や解約、またはau WALLETプリペイドカードが廃止になっていると対象外となります。

 

特典の申請・対象外について

申請について

  1. 他社回線サービスの解約違約金明細のコピーを、指定された方法で申請すること。原本を送付した場合は返却されないので注意しましょう。
  2. 申請は7カ月以内に書類を送ってください。

※他社回線請求明細と、auひかりの契約者が同一氏名、または同一性かつ同一設置住所でないと申請できません。

 

対象外となってしまう例

  1. 加入手続き中、または既に利用中のKDDIサービスをキャンセルや解約して加入する場合
  2. auひかり加入より1カ月以上前に他社回線サービスを解約済である場合

 

以上がGMOとくとくBBで貰える最大6万円のキャッシュバックの内訳になります。キャッシュバックの手続きが大変で、受け取るまでに時間が掛かることが分かっていただけたと思います。

 

 

GMOとくとくBBの評判は良い

GMOとくとくBBでauひかりを申し込むと、キャッシュバックを受け取るまでが大変ですが、決してGMOが悪い会社だからとという事ではありません。むしろプロバイダとしては評価が高いですし、大企業だけあって信頼できる会社です。

特にドコモ光のサービスは人気があるので、その評判も少しご紹介しておきますね。

このようにドコモ光の人は、GMOをプロバイダにしている人が多いです。

GMOのサービスは10年以上続いている実績がありますし、契約数は130万件を超えています。これほど長い間続けられるのも、契約数が多いのも、やはり信頼できる会社だからという事でしょう。

プロバイダ事業に関してはGMOを選んで心配することはありませんが、気になるのはキャッシュバックについてです。

GMOはドコモ光やauひかり以外のプロバイダ事業も行っていますが、やはりキャッシュバックに関しては同じように複雑で貰えるまで時間が掛かります。そのため長い期間待っていたのに受け取り損ねてしまったという人は少なからず存在します。

こうした点から考えて、最大6万円も貰えるから!という理由だけでGMOを選ぶ人がいれば、ちょっとだけ検討しなおして欲しいと思います。高額なキャッシュバックが目当てであれば、NNコミュニケーションズなど他にもauひかりを申し込める代理店はいくつもあるからです。

 

 

まとめ

auひかりを申し込むときは、プロバイダ先もよく検討して選ぶようにしてください。

GMOとくとくBBは契約している人も多く、プロバイダ事業はとても優秀で大手ならではの安心感があります。しかしGMOが提示しているキャッシュバックは、正直お得とは言えません。GMO限定の3万円キャッシュバックは、他社と比べると金額も低い方です。

例えばNNコミュニケーションズでauひかりを申し込むと・・・

  • ネット+電話の申し込みで5万2千円
  • ネットのみの申し込みでも4万円
  • 最短2ヶ月で現金振り込み
  • キャッシュバック申請は、契約を申し込むときの電話で完了できる

こういった点から、お得な窓口から申し込みたいのであれば、auひかりはNNコミュニケーションズから契約することをお勧めします。

もし、自分が知っている会社でなければ心配、キャッシュバックよりも大手だからという理由でGMOにしたい、こう思っている人はもちろんGMOから申し込むべきでしょう。

NNコミュニケーションズのサイトはこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2020 All Rights Reserved.