auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

【2018年版】auひかりの評判から見えた「良い所」と「悪い所」!利用者は通信速度や料金をどう評価している?

2018/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2010年よりKDDIが提供を開始したauひかりは最大1Gbpsと速い速度を提供する光回線サービスです。

しかし、いくら速度が公表されていたとしても、インターネット回線を申込む前というのはどうしても利用者の評判が気になってしまうものですよね。

そこで今回は、auひかりがどのような評判を受けているのか?申込むとお得なキャッシュバックがあるのか?など、詳しくご紹介していきますので、auひかりってどんな回線なのか興味のある方は、ぜひ参考にどうぞ。

auひかりの良い評判

auひかりの評判がどういったものがあるかを確認していきましょう。

 

①2015年以前は「通信速度が遅い」と評判だったが…2017年以降は速くて安定している

以前までのauひかりは、速度が遅いと評判の光回線でした。以下の口コミは2015年以前までよく書き込まれた内容です。

こうやって見てみると、2015年あたりの速度に関する評判は、あまり良くありませんでした。

以前からauひかりは、1Gbpsの速度を提供していましたが、ネットに繋ぐ周辺機器の性能が追い付いていなかったために頻繁に速度が遅くなっていました。例えば、当時の周辺機器の性能は以下のようなものが多くありました。

  • ルーターが最大100Mbpsの速度しか対応していない
  • 無線通信の規格が転送速度の遅い802.11bを採用していた(最大速度が11Mbps)
  • パソコンのOSが古かったり、スマホのメモリが不足しているなど

auひかりの回線自体が問題というよりも周辺機器の性能に関して問題が大きかったため、速度が遅いと評判になっていました。

 

しかし、2017年以降では周辺機器の性能向上などが大きな要因となり、auひかりの速度は速いと評判になっています。利用者の口コミは以下の通りです。

現在、auひかりは周辺機器の向上だけでなく、回線自体の方にも工夫がされてきています。例えば、「Ipv6(アイピーブイロク)」と呼ばれる通信規格を採用することで、インターネットへ快適に繋がるようになっています。

Ipv6とは?
インターネットに繋ぐ際に必要なIPアドレスが格段に増えた通信規格のこと。以前のIpv4に比べて、利用できるアドレス数は段違いに増えている。

 

実際、Ipv6を有効にしたことで、速度が向上したといったauひかりの利用者は何人もいらっしゃいます。その評判については以下の通りです。

この他にも、マンションタイプで1Gbpsの回線を導入している所が増えていますので、戸建てタイプとほとんど変わらない速度でネットに接続できていることも評判を上げている要因となっています。

これらの技術の発展によって、auひかりでは、安定した速度が提供されているので、安心してネットを楽しむことができる環境が整ってきている状態です。

 

②スマホとのセット割引がある

auひかり+ひかり電話+auスマホの3つをセットで利用すると、「auスマートバリュー」という割引サービスを適用できます。聞いたことがない方も居るかもしれませんが、実は口コミでも話題の割引サービスとなっています。

例えば、auスマホのデータ定額が20GB以上である場合、一台あたり料金が2,000円割引されます。しかもこれが毎月2,000円割引されますから、年間で24,000円になります。

そしてこのサービスの最も優れたポイントは「スマホ一台当たり」というところ。

つまり、家族全員でauスマホを一台ずつ所持している場合、全員がauスマートバリューの対象者となるわけです。(4人家族だと、最大で8,000円の割引とかなり高額になります。)

このようなお得な割引サービスが提供されているため、よく「auひかりとauスマホはセットで使った方が良いよ!」といった宣伝がなされているわけですね。

 

③通信速度「5ギガ」と「10ギガ」が登場している

2018年3月1日より、auひかりでは最大の通信速度が「5ギガ」と「10ギガ」になったサービスを始めました。従来までは最大1ギガの速度が当たり前だったのですが、これらのサービスの登場により速度が5倍以上も速くなっています。

新しく始まったサービスということもあり、契約者数はまだまだ少ない現状ですが、申込者数は徐々に増えてきています。実際に5ギガの速度に変更した方は、「めちゃくちゃ速い」と評価されています。

上の口コミをされた方は、グラブルというオンラインゲームがサクサク進むために別のゲームをしているみたいと感じているようですね。

ただし一つ注意点があります。こちらの5ギガや10ギガは関東エリアの東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の4つだけが対象となっており、しかも戸建てタイプのみの提供となっています。つまり、対象となる関東エリア以外にお住いの方、もしくはマンションにお住いの方は申込めません。

(ただし、関東エリアにお住いのマンションタイプの方でも「auひかり 戸建てタイプ」で申込みを行えば、開通できる可能性があります。)

ですので、対象外の方は5ギガ以上のエリアになるまで待つか、従来の1ギガで契約することになります。

 

④キャッシュバックキャンペーンがもらえる!(最大50,000円)

auひかりは速度だけでなく、申込時にもらえるキャッシュバックキャンペーンもお得と評判になっています。以下の口コミを書かれた方は、auひかり代理店で申込んだだけで43,000円ものキャッシュバックをもらえたようです。

他社のインターネット回線と比較しても、auひかりのキャンペーンは、高額のキャッシュバックや工事費無料、月額料金の割引など様々な特典を受取ることができるため、口コミでの評判も非常に良いです。

特に、auひかり代理店でも人気の「NNコミュニケーションズ」は最高50,000円のキャッシュバックを提供する優良代理店と評判になっています。(※キャッシュバック還元率100%とユーザーに優しい条件を提示している)

このように、キャッシュバックをユーザーに対して惜しみなく提供していることから、キャンペーンに関しても評判が良くなってきています。

>>auひかり代理店「NNコミュニケーションズ」のサイトを確認してみる

 

⑤フレッツ光よりも料金が安い

auひかりはNTTが運営しているフレッツ光の料金よりも安いです。実際にどれほど安いのかを以下の表で比較してみましょう。

  住宅タイプ 月額料金
auひかり 戸建て 5,100円
マンション 3,800円
フレッツ光 戸建て 5,600円
マンション 3,950円

ご覧の通り、auひかりの方がフレッツ光よりも安いことがお分かり頂けたと思います。

最近のフレッツ光は、個人のお客より法人や個人事業主向けに特化した光回線サービスとなってきていますので、一般的な利用者はフレッツ光よりも別の光回線と契約した方がお得になることが多いです。

 

auひかりのイマイチな評判

ここまでauひかりの良い評判について見てきましたが、やはりイマイチな所も気になりますよね。契約する前に評価がイマイチな所を知らなければ、

  • 「契約後にその事実を知って後悔した。」
  • 「初めから知っていればもう少し検討していたのに…」

など後々色々な事実が発覚して、後悔する可能性があります。そんな事態を防ぐためにも、ここからはauひかりのイマイチな評判について確認しておきましょう。

 

①工事の予約が早い時もあれば遅い時もある

インターネット回線を開通するうえで必要不可欠な工事ですが、auひかりも工事が必要です。

しかも開通工事では立ち合いが必要となるため、必ず工事業者と予定を合わせなければなりません。(勝手に工事を進めてもらいたいところですが、工事中にどうしても家の中まで入る必要があるため、法的にも立ち合いがないと進めることができません。)

工事の予約が早い時だと申込みから2週間くらいで取れますが、遅い時だと2カ月も先になってしまいます。そしてもちろんですが、土日の工事となると予約が一杯になりがちです。ですので、工事の予約をする場合はできるだけ予約が取りやすい平日にしておくのが良いでしょう。

引越しシーズンである2月~4月上旬の間はインターネットに契約する人も多いため、予約が一杯になりやすいです。一方、引っ越しが活発ではない5月~1月までは比較的工事の予約が取りやすくなっています。

(ただし、時期によってはネット業者がお得なキャンペーンを開催することがあるため、申し込み者数が増加し予約が取りにくい場合もあります。)

 

②提供エリアが狭い

auひかりの弱点として「提供エリアが狭い」ことがあります。実際、auひかりを申込みたいのに自分の住んでいる地域が提供エリア外だったと残念な結果になる人も多くいらっしゃいます。

auショップや家電量販店なんかで「auユーザーはauひかりがお得だよ」とお勧められたところで、ご自分の地域が提供エリア外だと、申込みすらできません。

ですので、まずはauひかりが提供エリア内であるかを確認した方が良いです。

>>提供エリアの確認はau公式サイトより

また、エリア外であった方は、提供されるまで待つという選択肢もありますが、何年先にauひかりの対象地域となるか分かりません。このような場合、auひかりの代わりとなるインターネット回線を探すのが賢明でしょう。

(ちなみに当サイトではauひかりの提供エリア外である場合は、ビッグローブ光をおススメしています。その理由についてはこちらで詳しく解説しています。)

 

③撤去費用がかかる

2018年3月1日以降にauひかりを申込んだ方に対して、解約に伴い撤去費用がかかる契約内容となりました。口コミサイトでもその撤去費用に対して話題になっています。

口コミでもイマイチな評価である「撤去費用」。今までなかった費用なのにいきなり負担してくれと言われると、消費者側も嫌になるに決まっていますよね。

では、なぜKDDIがこの撤去費用を設けたかというと、それは「コストを抑えるため」です。

従来までだと、解約後に撤去を行わずそのままにしておくのが当たり前でした。

しかし、そのままにすることでKDDI側はその放置された回線の維持費がかかっていました。もちろん、申込者が増えていくにつれその放置される回線も増えていくため、その維持費がちりに積もって膨大の費用となってしまいます。

KDDI側もそのコストをできるだけ抑えるために、今回消費者側に対して撤去費用を求めているということになります。

ただし、撤去費用の負担が例外になるケースがあります。

  • 2018年2月28日以前にauひかりを申込んでいる方
  • 「auひかり マンションタイプ」で申込んでいる方(時期は関係なし)
  • 引越し先でauひかりに移行する場合

以上に該当する方は撤去費用の負担はありませんので、このあたりもしっかりと把握しておきましょう。

 

④セールスの電話がかかってくる

「セールス電話」と聞くと、嫌なイメージを思い浮かべる人が多いと思います。実際、auひかりではセールスの電話がしつこくかかってくると評判になっています。

口コミでも触れられているとおり、電話をかけてくる時間帯が悪かったり、auひかり契約者なのに勧められたりしているのが分かります。では、一体どのような会社がセールスをかけてくるのでしょうか?

実はこのようなセールス電話をかけるのは「KDDI公式」ではなく、「auひかりを取り扱う代理店」なんです。それもそのはずで、代理店としては商品(auひかり)をたくさん売ってなんぼといった姿勢で私たち消費者に営業をかけてきます。

もちろん、電話営業の際は良い情報だけしか与えず、心証が悪い情報はあまり教えてくれません。ですので、セールス電話はトラブルの発展になりやすいんですね。(他にも、訪問営業も言った言っていないといったトラブルの種になりやすい傾向にあります。)

もし、このようなセールス電話でトラブルになりたくない方は、「キッパリとお断りする」のが良いでしょう。(すでにインターネット回線を繋いでいる、ネットを使う頻度が少ないなど、明確な理由があれば電話を切りやすくなります。)

 

まとめ

auひかりの良い評判について再度確認すると、

  • 通信速度が速くて安定している
  • 通信速度が5倍以上のサービスが始まっている
  • auスマホとのセット割が適用できる
  • キャッシュバックが最大50,000円もらえる
  • フレッツ光よりも料金が安い

以上5つの点でユーザーから評価されています。実際、J.Dパワー社が独自に行っている「2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査」において、auひかりは、北海道エリアで第1位を獲得するほど評判の良い光回線となっています。

ただし、イマイチな評判として挙げられていたのが、

  • 工事の予約が取れない時がある
  • 提供エリアが狭い
  • 撤去費用がかかる
  • セールスの電話がかかってくる

といった口コミです。このようなデメリットをしっかりと知ったうえで、auひかりの申込みをどうすべきか検討するのをおススメします。

ちなみに、auひかりを申込むなら「NNコミュニケーションズ」と呼ばれる代理店がおススメです。キャッシュバックの還元率が100%とであるうえに、セールスなどのしつこい勧誘は一切無い代理店となっています。評判についてもユーザーから上々の評価を得ています。

申込みの際は、ぜひこういった代理店を上手く利用してお得に申込みをしてみてくださいね。

>>auひかりの申込みはこちらから

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2017 All Rights Reserved.