auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

@TCOM(ティーコム)というauひかりのプロバイダを知ってる?評判(速度やサポート)をまとめてみた

2018/11/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -

auひかりのプロバイダである「@TCOM(ティーコム)」は、基本的に通信速度が遅いと評判になっています。それに加え、お得なキャンペーンも実施されていないため、強くおススメできるプロバイダではありません。

今回は「@TCOM(ティーコム)」が評価されている口コミでの評判や@TCOM(ティーコム)に代わる、auひかりのおススメできるプロバイダについて詳しくご紹介します。

auひかりのプロバイダはどこを選べばいいの?@TCOM(ティーコム)ってどんなプロバイダなの?と疑問に思っている方は、ぜひ当記事を参考にしてみてくださいね。

@TCOMの評判がイマイチな3つの原因

まずは、@TCOMの評判がイマイチな3つの原因について詳しく見ていきましょう。

 

@TCOMの速度が遅いと評判

まずは「@TCOMの通信速度が遅い」ということです。例えば、通信速度に関しては以下のような口コミが書かれています。

評判にもなっている通り、@TCOMの速度はかなり遅いと評価されています。特に、@TCOMではゴールデンタイム(夜7時以降)の速度が異常に落ちるようです。

1Mbpsの速度まで落ちてしまうと、YouTubeなどの動画サイトもカクカクして見られたものではないでしょうし、ネットサーフィンくらいはできるのかと思えば、あまりにも速度が遅すぎてストレスが溜まると評判になるほどです。

この口コミは、光回線を@TCOMにした場合も含まれており、@TCOMは光回線でもプロバイダが混むので、平日の夜中や土日のゴールデンタイムは回線速度が遅くなり、まともにインターネットができません。

結果的に、@TCOMの口コミで分かったことは、高画質の動画が多く見れないうえに、ネットサーフィンがサクサク進まないという意見が多い印象でした。

 

@TCOMは、解約するのが面倒

そんなことで解約する羽目になるのですが、@TCOMは解約が非常に面倒だと評判になっています。実際に解約をしようとした方の口コミでの評判は以下の通りです。

解約をする際、@TCOMではネットでの受付はできず、電話で解約の旨を伝えないといけません。しかも、電話をすると今度はメールを使ってやり取りをしなければならなくなります。

挙句の果てには解約料やモデムの返送の利用料などを、消費者側が負担しなければなりません。そのため、@TCOMは解約が面倒だということで、口コミではあまり評判がよくありません。

ですので、申込む前には、解約するまでの対応をしっかりと確認し、プロバイダを選んでいきましょう。

 

お得なキャッシュバックキャンペーンがない

@TCOMは契約に際してのキャッシュバックなどのキャンペーンもなく、今から契約するのにメリットは特にありません。

お店(家電量販店)などのキャンペーンもそこまでお得なキャンペーンでは、ないので、勧められたからと安易に契約しないようにしましょう。

 

@TCOM利用者の経験談

ここからは、筆者の友人が実際に@TCOMを利用した経験談を載せていますので、参考にしてみてください。以下より、利用者の経験談。

@TCOMはとにかく混んでゴールデンタイムに使えないという致命的な弱点を持っています。

弱点というか普通に利用するに堪えられない欠陥といえます。

私も以前@TCOMを使っていたのですが、10年前から既にプロバイダが混んで全然使い物になりませんでした。

私も解約の際に電話、メール、すぐに解約できない、解約料をとられ、モデムの返送に私がお金を払いました。

私の場合周りにパソコンに詳しい知り合いがいたのにも関わらず、お店(某大手家電量販店)で@TCOMに申し込んだがためにこんな羽目になりました。

お店(某大手家電量販店)は信用できないなと思いました。

ただ、友人にすぐに症状(Youtubeがまともにみれない症状)を伝えたところ、回線速度の問題やプロバイダの込み具合の話で@TCOMが原因であることをすぐに指摘され解約にのぞむことができました。

もし、周りに詳しいパソコンに詳しい人がいなかったらずっと欠陥回線と欠陥プロバイダを使ってYoutubeもなぜか見られない状態でパソコンをあまり使わない人になっていたかもしれないと思うと、少し、怖い話だと思いました。

実際何も知らなくて@TCOMを使っている人もいらっしゃるのでしょうけど、そういう人はおそらくゴールデンタイムである平日夜中と土日にネットをあまり使わないなどの理由があって、なぁなぁで使っているのだと思います。

上記の経験談でも、@TCOMの速度が遅いと強調されていることから、あまりおススメできるプロバイダではないことが分かりますね・・・。

 

auひかりのプロバイダはBIGLOBEが一番オススメ

auひかりを使うにあたって、プロバイダの選択は信頼のできるBIGLOBEにするのがおすすめです。信頼のBIGLOBEを選ぶのは、プロバイダとしてBIGLOBEが大手だからという理由だけではありません。

その理由について、以下の項目よりご説明します。

 

実施中のキャンペーンが充実しているから(高額キャッシュバックや違約金の負担など)

現在、auひかりとBIGLOBEをセットで申込むと、高額のキャッシュバックキャンペーンが適用されます。

@TCOMではこのようなキャッシュバックがないため、新規でネット回線をつなげる場合は、auひかりとBIGLOBEがおすすめです。

当サイトがおススメする専門の窓口は「NNコミュニケーションズ」です。こちらの窓口からauひかりを申込むと、キャッシュバックで50,000円が付いてきますので、通信料金に充てたり、iPadなどのタブレットを購入したりと使い道が豊富です。以下の図は、NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトです。

加えて他社回線からauひかりへの乗り換えだと、他社で発生した解約違約金を最大30,000円まで負担してくれる特典もあります。ですので、既に他社の回線を使って乗り換えた場合は、キャッシュバックは最高で80,000円になります。

 

BIGLOBEの速度が速いから

回線の速度ですが、個人のネット環境によって変わりますが、auひかりとBIGLOBEの組み合わせで500Mbpsくらいの速度が出ると評判です。

この回線速度がどれほどかというと、動画やオンラインゲームを余裕で楽しめる程度です。HD画質といった高画質の視聴でも問題ありません。

やはり、プロバイダ歴が30年以上もあるBIGLOBEということもあり、速度も申し分ないようですね。

 

出張サポートが無料だから

auひかりの開通工事を行った後、パソコンやスマホのインターネット設定は自分で行わなければなりません。ネットに詳しい人なら問題ありませんが、それほど詳しくない人にとって初期設定は非常に難しく感じられることでしょう。

そのようなネット初心者の方のために、BIGLOBEでは「ブロードバンド出張サポート」と呼ばれるサービスで、利用者の自宅へ直接訪問することで、パソコンやスマホの初期設定を行ったり、セキュリティ設定を行ったりします。

しかも、BIGLOBEではこの出張サポートが、初回の訪問月から翌月まで何度利用しても無料です。

auひかり開通後、疑問に思うことが多いと思うので、ぜひ利用してみましょう。

 

【戸建てタイプ限定】解約時の撤去費がかからない

2018年3月より、auひかりの戸建てタイプを申し込む方は、解約時にauひかりの撤去工事が必須となり、それに伴い撤去費28,800円が発生するようになりました。この施策により、「auひかりがお得だと分かってはいるけど撤去費が…」といったような声が多く上がっていました。

しかし、当サイトで紹介したNNコミュニケーションズでauひかりとBIGLOBEをセットで申込むと、解約時に請求される撤去費を全額代理店側が負担してくれます。NNコミュニケーションズで掲載されているキャンペーンサイトは、以下のようになっています。

条件は、プロバイダをBIGLOBEとして、解約後はビッグローブ光に乗り換えるだけとなっています。

急な出張などで引越しをする場合、やむを得ずauひかりを解約する可能性もあります。その時に備えて、auひかりとBIGLOBEをセットで申込んでおけば、新しい転居先で撤去費を請求されることなく、インターネットを楽しむことができます。

 

まとめ

平日の夜間や土日にインターネットを多く使う方にとって、「@TCOM」はオススメできるプロバイダではありません。さらに、キャンペーン特典もイマイチであるため、できるなら、別のプロバイダを使うのが良いでしょう。

そしてもし別のプロバイダでどこがいいのか?とお悩みの方には、「BIGLOBE」をおススメします。

BIGLOBEをおススメする理由としては、安定した速度が提供されているのはもちろんですが、それだけでなく、お得なキャンペーンが開催されているからです。キャッシュバックはなんと最大50,000円もらえるうえに、訪問サポートや解約時の撤去費が無料になります。

@TCOMに大きなこだわりがある方はそのまま@TCOMで大丈夫ですが、速度やキャンペーン特典でauひかりをお得に利用したい方は「BIGLOBE」を選ぶのをオススメします。

>>auひかり×BIGLOBEの申込みサイトはこちらから

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2017 All Rights Reserved.