auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

au WALLET(auウォレット)カードの使い方とメリット・デメリットを徹底分析!WALLETポイントでお得に利用しよう!

2018/09/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

au WALLETとは、KDDIが提供する電子マネーサービスのことであり、auユーザーにとってお得なサービスを提供しています。

au WALLETの主なサービスである「au WALLETカード」には、au WALLETプリペイドカードとau WALLETクレジットカードの二種類があり、どちらもauユーザーならお得に利用できるカードです。

そこで今回は、au WALLETの各カードについての特徴(使えるお店や支払い方法など)やメリット・デメリットを徹底的に調査しましたので、ご紹介していきたいと思います。また、カードを使うことで貯まっていくWALLETポイントの使い道についても、ご説明しています。

もし、これからWALLETカードを作ろうかどうか考えていたり、今すでに持っていているけど使い方が分からない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

au WALLET プリペイドカードの使い方

略称でWALLET カードと呼ばれている、au WALLET プリペイドカードは、KDDIが提供するプリペイドカードです。

前払い方式(チャージ)して使うプリペイドカードは、ついつい使いすぎてしまう方や、クレジットカードを持っていない方にとって、おススメできるカードです。

そんなau WALLETプリペイドカードの使えるお店や支払い方法、チャージ方法など、詳しく見ていきましょう!

 

1. 使えるお店

au WALLET プリペイドカードは、世界各国のMastercard加盟店もしくはWebMoneyのお店で使うことができますので、クレジットカードと同じように、わざわざお金を出さずに買い物することができるため、大変便利です。

以下には、WALLETカードが使えるお店の一覧を示します。

コンビニエンスストア
  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • サークルKサンクス
  • ミニストップ
代表的なお店
  • イオン
  • 西友
  • マツモトキヨシ
  • ガスト
  • バーミヤン
  • ジョナサン
  • ヤマダ電機
  • ゲオ
ネットショッピング
  • Amazon
  • 楽天市場
  • iTunesストア

WALLETカードは、ほとんどのコンビニエンスストアで使えるうえに、ネットショッピングで有名な、AmazonやiTunesストアなどでも利用可能です。ここまで、多くのお店で使えることは大変便利ですね。

 

2. 支払い方法

au WALLET プリペイドカードは、お店での支払いもしくはネット決済ができます。各支払い方法については、以下の通りです。

 

お店で使う場合

レジに行った時、一回払いでプリペイドカードで払うことを店員に伝えるだけで、あとは店員に任せれば支払いが完了しますので、クレジットカードと同じ要領で、かなり簡単で便利です。

海外でも、同様の使い方ができますが、海外サービス手数料として4%が上乗せされるので、残高には注意が必要ですね。

 

ネット決済の場合

Mastercardで支払う場合は、カードの表面に書かれたMastercard番号を入力して、支払いを行います。一方、WebMoneyの場合、カードの裏面に書かれたWebMoneyプリペイド番号を入力して、支払いが完了します。

 

3. チャージ方法

au WALLET プリペイドカードのチャージ上限は10万円となっています。以下には、各チャージ方法の説明をしていきます。

 

①スマホアプリやWEBサイト

スマホアプリやWEBサイトから、いつでもどこでもチャージができます。決済方法としては、au かんたん決済やクレジットカード、じぶん銀行、WALLETポイントでチャージができます。

以下には、各決済方法の説明をしていますので、参考にどうぞ!

auかんたん決済 チャージする金額を月々の通信料金と合わせて払う決済方法
クレジットカード お持ちのクレジットカードからチャージ
じぶん銀行 auと三菱東京UFJ銀行が共同しているネット銀行で、銀行口座から直接支払ってチャージ
WALLET ポイント 買い物などで貯まったポイント分を、カードへチャージ

 

②auショップ

最寄りのauショップにいる店員に、希望するチャージ金額を伝え、その金額分の現金を渡すだけで、チャージが完了します。

 

③コンビニ

au WALLET プリペイドカードのチャージ可能なコンビニは、ローソンのみです。チャージ方法は、最寄りのローソンで、店員にチャージすることを伝え、チャージ金額分の現金を渡すだけでOKです。

 

au WALLET プリペイドカードのメリット

①WALLETポイントが貯まる

au WALLET プリペイドカードで買い物をすると、ポイントが貯まります。以下の表には、買い物で付いてくるポイントについて示しています。

店の種類 ポイント
コンビニやスーパー、ネットの買い物 200円⇒1ポイント
ポイントアップ店
セブンイレブンやマツモトキヨシなど
200円⇒2ポイント

貯まったWALLETポイントは、お店でも使えますし、カードへチャージすることもできますから、使い道がたくさんあり、とてもお得なサービスとなっています。

 

②入会審査や入会金・年会費がない!

入会審査がないため、auユーザーなら誰でもカードを作ることができます。

審査に通るか不安であったり、学生の身分だからカードを作れないと思っている方でも、こちらのカードは誰でも簡単に作ることができるうえに、年齢も12歳以上なら、どなたでも作ることができます。

入会金や年会費もないため、余計な料金もかかりません。

 

au WALLET プリペイドカードのデメリット

 

①au月額料金を支払えない

au WALLETプリペイドカードでは、auの月額料金は支払えません。毎月支払うにも関わらず、その分のWALLETポイントが貯まりませんから、ここは大きなデメリットとなります。

 

②公共料金を支払えない

電気代、水道代、ガス代などの公共料金の支払いができません。そのため、支払いで貯まるWALLETポイントが貯まりませんから、お得ではありませんね。

 

au WALLET クレジットカードの使い方

こまで、au WALLETプリペイドカードについて見てきま したが、ここからはクレジットカードについて見ていきたいと思います。

au WALLETクレジットカードは、auユーザーが使えるクレジットカードのことで、クレジット決済ができるうえに、auユーザー限定のお得なサービスがあります。

 

1.支払い方法

店頭での支払いの場合、店員にカードを渡すだけで支払いは完了します。ネットショッピングの場合は、カード名義、カード番号、有効期限を入力するだけでOKです。

ただし、支払い方法については、1回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いの5種類がありますので、以下の表より、各支払い方法について詳しく確認しましょう。

支払い方法 方法の説明欄
1回払い 支払い月の翌月10日に口座から引き落とし(手数料無料)
2回払い 支払い月の翌月および翌々月の10日にそれぞれ引き落とし(手数料無料)
ボーナス一括払い 夏または冬のボーナス月に一括して支払う方法(手数料無料)
リボ払い リボ払いにした利用額を毎月定額で支払う方法
(手数料が15%)
分割払い 支払い回数を3回~24回までの間で指定する方法
(支払い回数によって手数料は異なる)

 

2.使えるお店

au WALLET クレジットカードは、VISAもしくはMastercardのどちらかのブランドを作ることができます。ですので、それぞれの加盟店で使うことが可能です。

以下には、クレジットカードを使うことができる一例を示します。

  • コンビニエンスストア
  • ネットショッピング(Amazon,楽天市場など)
  • auの月額料金
  • 公共料金
  • 飲食店や家電量販店

どちらのブランドも、ほとんどのコンビニエンスストアで利用できるうえに、Amazonなどのネットショッピングやauの月額料金に支払いが可能です。

 

au WALLETクレジットカードのメリット

 

①プリペイドカードよりWALLETポイントが高い

クレジットカードのポイントがプリペイドカードより、付いてくるポイントが高くなります。以下が、その比較表となります。

支払い クレジットカード プリペイドカード
コンビニやスーパー、ネットの買い物 200円ごとに2ポイント 200円ごとに1ポイント
ポイントアップ店 200円ごとに3ポイント 200円ごとに2ポイント
au月額料金 1,000円ごとに10ポイント 支払い不可

表に示す通り、クレジットカードで支払うと、付いてくるポイントが高いと分かります。特に、au月額料金を支払えるクレジットカードでは、ポイントも付いてきますから、非常にお得です。

プリペイドカードは、入会審査が不要で、誰でも持てることが大きなメリットですが、クレジットカードを問題なく作れる方は、こちらのカードを使うことをおススメします。

 

②チャージをしなくてよい

プリペイドカードと違い、クレジットカードはチャージが不要です。そのため、チャージするという面倒な手続きがないため、簡単に支払いができます。

 

③年会費無料

auユーザーの方は、au WALLET クレジットカードの年会費が無料になります。そのため、余計な料金がかからないので、費用を抑えることができますね。

 

au WALLETクレジットカードのデメリット

 

①入会審査あり

当然ながら、クレジットカードはカード会社との信頼関係に基づいたカードですので、入会審査があります。そのため、誰でも作れるカードではありません。

また、年齢制限として18歳以上の方しか作ることができませんので、高校生までの学生はこちらのカードは持てません。

 

②使いすぎてしまう可能性も

チャージ不要なクレジットカードでは、ついつい使いすぎてしまう可能性があります。そのため、支払いの滞納をしてしまい、カード会社との信頼関係を崩しかねません。

クレジットカードを持つ際は、きちんとしたお金の管理をすることが重要です。

 

au WALLETポイントの使い道

au WALLETポイントの使い方については、以下の通りとなります。

  • au WALLETクレジットカードの請求額に充てる
  • auユーザー限定の商品と交換する
  • ネットショッピングに使える(AmazonやWoWma!、モバオクなど)
  • KDDI提供のブックパスやビデオパスに利用
  • 携帯電話の機種変更や修理、オプション品の購入に利用
  • au WALLETプリペイドカードにチャージする

以上のように、多くの使い道があるので、ぜひWALLETポイントを有効に利用していきましょう。

 

まとめ

今回は、au WALLETの電子マネーサービスである、プリペイドカードおよびクレジットカードについて詳しくご紹介してきました。

  • au WALLET プリペイドカードは、12歳以上のauユーザーなら誰でも持つことができるカードである
  • au WALLETプリペイドカードは、MasterCard加盟店である店ならどこでも使え、ほとんどのコンビニエンスストアで利用できる
  • WALLET カードを使えば、WALLETポイントが付いてくるので、かなりお得である
  • au WALLETの各カードは年会費が無料である
  • クレジットカードを作れる方は、プリペイドカードと比較してWALLETポイントがたくさんつくので、こちらのカードがおすすめ

au WALLETのサービスには、以上のようなサービスがたくさんあり、auユーザーにとっては、大変お得で便利なものばかりでした。auをお得に利用するためにも、じっくり検討したり、使い方をマスターしましょう。

>>au WALLETの公式ホームページ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2017 All Rights Reserved.