auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

auが発売する「Xperia(エクスペリア)」のスペックって?ユーザーの口コミや評価もまとめています!

2018/07/30
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ソニー株式会社が提供する「Xperia(エクスペリア)」は、auを始めとしたキャリアで発売されているスマホです。国内において人気が根強いXperiaは、以下のような2つの特徴があります。

  • オーディオの質が良い
  • カメラの性能が高い

そんな「Xperia」に関する特徴(スペック)や利用者の口コミ・評価などを詳しくご紹介していきますので、auのスマホをどのメーカーにするかお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.Xperia(エクスペリア)とは

Xperiaとは、ソニーモバイルコミュニケーションズが提供しているモバイル製品ブランドです。ソニーモバイルコミュニケーションズはソニー株式会社の100%小会社として運営しており、Xperiaシリーズを数多く生み出してきました。そんなXperiaの特徴は「オーディオ」と「カメラ」のクオリティが高いという点です。

ソニー株式会社はポータブルデジタルオーディオプレーヤーの先駆けでもある「ウォークマンシリーズ」を現在でもリリースしていて、その技術をXperiaシリーズにも投入しています。

近年のXperiaには高音質音源として有名な「Hi-Res(ハイレゾ)」音源の再生にも対応していて、さらに「DSEE HX」という手持ちのmp3音源などのデジタル音源をハイレゾ相当の音質に近づけるソニーのオリジナル技術も投入されています。

Hi-Res(ハイレゾ)やDSEE HX(ディーエスイーイー エイチエックス)とは?
Hi-Res(ハイレゾ)とは、音楽CDに入りきれなかった情報をさらに詰め込んだデジタルデータのこと。つまり、音質がかなり良い。DSEE HXは、元々の音楽データの情報を増やすことでハイレゾ相当の音質で楽しめるソニー独自の機能である。

 

また、ソニーは性能の高い一眼レフカメラやコンパクトデジタルカメラを開発していることでも有名です。Xperiaには、一眼レフカメラで有名な「α」シリーズやサイバーショットというカメラの開発で培われてきた独自の技術が取り入れられています。

Xperiaシリーズは、ソニーが手がけてきた「オーディオ」や「カメラ」等のオリジナル技術を一挙に取り込んだまさにソニーオリジナルなモバイル製品です。

Xperiaはスマホで有名ですが、「Xperia Zシリーズ」のタブレットもリリースしています。大きさは10インチタイプや8インチタイプのものがあり、どちらもかなり軽量で高い防水防塵性能を誇るハイスペックタブレットとして有名です。

中でも「Xperia Z4 Tablet」はオプションの専用キーボードを取り付けることでタスクバーが立ち上がるなど、他社製品ではあまり見かけない技術が採用されています。ただ単にタブレットにBluetoothキーボードを接続しただけではなく、高い親和性により操作性が高いです。

Xperiaシリーズのスマホは、オーディオやカメラといった様々な分野の性能が高いため、あらゆるユーザー層のニーズに応えています。

 

2.auで取り扱っているXperiaのスマホ

現在、auで取り扱っているXperiaのスマホは

  • Xperia XZ2 Premium(2018年8月10日より発売)
  • Xperia XZ2
  • Xperia XZ1
  • Xperia XZs

の4種類です。当記事では、その中でも「Xperia XZ2 Premium」「Xperia XZ2」「Xperia XZ1」の3端末について詳しく解説していきます。

 

Xperia初のデュアルカメラを搭載した「Xperia XZ2 Premium」

2018年8月10日より発売される「Xperia XZ2 Premium」は、Xperiaのスマホでも初めてデュアルカメラを搭載した端末です。販売価格は108,000円(税込)です。

色は「クロムブラック」もしくは「クロムシルバー」のどちらかを選べます。

ソニーで開発されたデュアルカメラは、Motion EyeTM Dualカメラシステムが搭載されています。このシステムが搭載されていることで、暗闇の中でも画像や動画を明るく撮影できたり、画像の背景をぼかすことで被写体を浮きだたせたり、などスマホのカメラでも一眼レフのような撮影ができるようになります。

他にも、従来のXperiaの端末よりスペックは上がっています。

  • 画面サイズは5.8インチ
  • バッテリー容量は3,400mAh
  • カメラの画素数約1920万画素
  • 作業メモリ6GB、保存メモリ64GB

特に、バッテリー容量が3,400mAhと大容量になっているため、電池持ちも良いです。外出先でカメラを多く使う人にはピッタリのスマホと言えるでしょう。

 

auで購入できる最新スマホ「Xperia XZ2」

現在auで購入できるXperiaの最新スマホは「Xperia XZ2(エクスペリアエックスゼットツー)」です。販売価格は95,040円(税込)です。

ご覧の通り、デザインに光沢が生まれたことで「つややかで美しい」印象を与えるスマホとなっています。色に関しても、「リキッドシルバー」「ディープグリーン」「アッシュピンク」「リキッドブラック」の4色から選ぶことが可能です。

そんなXperia XZ2の特徴については、以下の4つのことが言えます。

  • 従来のモデルより画面サイズが一回り大きくなっている(5.2インチ→5.7インチにサイズアップ)
  • CPUにクアッドコアを搭載
  • 4K HDR動画の撮影が可能
  • ソニーオリジナルの映像×音×振動のコラボレーションで臨場感アップ

Xperia XZ2はCPUにクアッドコアを搭載しており、情報処理能力に長けたスマホとなっています。しかも、メモリに関しても4GBと動作がサクサクと動きやすい十分な容量です。

本体の容量ストレージも64GBとたくさんの画像や動画、アプリが取り込めるようになっています。

また、Xperiaでは「世界初の4K HDR動画の撮影が可能」ということもあり、口コミでも評判になっています。4K HDR動画とは簡単に言えば、従来の動画撮影よりもきめ細かく質の高い動画を撮影できる技術のことです。4K HDR動画で撮影された画像は以下のようになっています。

その他にもソニー独自で編み出した映像×音×振動のコラボレーションによって、臨場感を与えるサービスもあります。例えば、YouTubeやゲームの映像に合わせて振動したり、音が出たりすることで、まるで画面の中にいるような錯覚を生んでいます。

そして従来のXperiaよりも音量が約20%ほど上がっているため、さらに迫力のある楽しみを増やしています。

 

一世代前のスマホ「Xperia XZ1」

次に、こちらのスマホは以前まで最新機種であった「Xperia XZ1(エクスペリア エックスゼットワン)」です。販売価格は90,720円(税込)となっています。

こちらのスマホはまさにXperiaらしいスマホで「撮影」と「視聴」の両面においてソニー独自の技術を詰め込んだようなスマホです。

CPUは最近のハイスペックスマホではお馴染みのオクタコアCPUを採用していて、作業領域であるメモリは4GBを搭載しています。本体内蔵保存容量は64GBとなっているため、音楽や写真や動画の保存も安心です。

セキュリティには指紋認証センサーを採用しています。Xperia XZ1が優れている点は、この指紋認証センサーが電源ボタンに内蔵されているという点です。

画面を点灯させる際に電源ボタンを押すとほとんど同時に指紋認証され画面ロックが解除されるため、ホーム画面までのアクセスがかなりスムーズです。

そしてXperia XZ1のオーディオ機能は、最新機種と負けず劣らず高音質です。

上記でも触れたように高音質音源であるハイレゾとそれに近づけるDSEE HX機能に対応していることはもちろん、周囲の騒音を約98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能にも対応しています。そのため、より良い環境で高音質を楽しむことが出来ます。

さらにディスプレイにはソニーオリジナル技術の「トリルミナスディスプレイfor mobile」を採用しています。これは、ソニーが開発した「ブラビア」という液晶テレビの技術をスマホ用に改良したものです。

そのため、キレイな音とキレイな映像の両方を味わうことができ、あらゆるメディアの視聴に適しています。

また、Xperia XZ1は、以下の図のようにカメラ性能にもかなり力を入れています。

Xperiaのメインカメラには、

  • CMOSイメージセンサー:約1920万画素の高画質を実現
  • レーザーAFセンサー:薄暗い場所や夕暮れなどのシチュエーションで自動的にきれいな撮影が可能
  • RGBX-IRセンサー:光を自動的に調整して肉眼で見たままの色彩を表現

以上のような、高性能な3つのセンサーが取り付けられています。

そのため、例えばレストランで食べ物を撮影する時、より美味しそうに撮影することが出来ます。レーザーAFセンサーでは高速オートフォーカスを行えるため、子供やペット等動きのある対象物をブレずに一瞬を切り取ることが出来ます。

Xperia XZ1のカメラは静止画だけでなく動画撮影にも適しています。Xperia XZ1は高画質動画で有名な4K動画を撮影することが出来るため、旅行先でもかなり活躍してくれます。

 

3.ユーザーの口コミ・評価

ここからはXperiaを利用するユーザーの口コミや評価について順にご紹介していきます。

 

3.1 「音が良い」

Xperiaシリーズは以前からウォークマンの技術を取り入れています。ウォークマンはグレードが明確に分けられていて、ライトに使いたい方向けのモデルからハイレゾ音源を楽しみたい方向けのハイエンドモデルまで多数あります。

Xperia XZ1には音質を向上させるための高い技術が搭載されているため、Xperiaユーザーからは「音が良い」という評判が寄せられます。

 

3.2 「デザインがカッコいい」


Xperiaのデザインがカッコいいと口コミで評判になっています。例えば、一部の口コミには「重厚なデザイン」といったものもあり、見た目では派手でなくとも、利用者に安心感や落ち着きを与えているスマホのようです。

ちなみに、auから発売している最新スマホの「Xperia XZ1」は、ディスプレイのサイズが約5.2インチとなっており、男性でも女性でも持ちやすいサイズ感となっています。

また、Xperiaの色は、「ブラック」「ウォームシルバー」「ムーンリットブルー」「ヴィーナスピンク」の4色がリリースされています。

 

3.3 「カメラの性能が高い」

先ほどもご紹介したように、ソニーが提供するXperiaのカメラには、上記でご紹介した3つのセンサー以外にも多くの機能が搭載されています。

  • 4K HDR動画撮影:4K画質で撮影可能
  • インテリジェントアクティブモード:動きながらでもブレない
  • マニュアルモード/フォーカス調整:ピントを自分で調整できる
  • 1320万画素のフロントカメラ:自分撮りや友達と一緒に映る時など

Xperiaには、以上のような機能が多く搭載されているため、カメラに関する口コミは良い評価が多かったです。

 

3.4 「バッテリー持ちが良い」

iPhone6やiPhone7、iPhone8のバッテリー容量が約1,700~2,000mAhに対し、Xperia XZ1やXperiaXZ2のバッテリー容量はそれぞれ2,700mAh、3,060mAhとおよそ1.5倍の容量となっています。(ソニー調べでも、バッテリーの持ち時間は約100時間)。

そのため、iPhoneに比べると、Xperiaのバッテリー持ちが良いと評判になっています。

 

4.まとめ

Xperiaは、国内でも有名なスマホメーカーとなっていますが、海外メーカーであるAppleやSamsung(サムスン)、HUAWEI(ファーウェイ)などの台頭で、国内での販売台数は落ちてしまっている状況です。

しかし、オーディオやカメラに関しては独自の技術を駆使することで、今でも根強い人気があるスマホとなっています。特に、高音質の音楽を聞きたい方にはおススメのスマホです。

また、Xperiaのスマホは、auショップの他にauオンラインショップなどの窓口で購入できます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2018 All Rights Reserved.