auひかりに10ギガ&5ギガが登場!料金や工事費、提供エリアなどの特徴を一挙紹介中!

   

従来までのauひかりは、最大速度1Gbpsの「auひかり ホーム」が提供されてきましたが、2018年3月1日より最大速度が10Gbpsである「auひかり ホーム10ギガ」と5Gbpsの「auひかり ホーム5ギガ」の2つのサービスが開始しました。

従来よりも10倍ほどの速度となった「auひかり ホーム10ギガ」は、世界最速レベルの光回線サービスとなっています。他社の光回線でもNURO光が提供しているくらいです。

そんな今回は「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」の月額料金や初期工事費、プロバイダ、提供エリアなどの特徴について詳しくご説明していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」の特徴

auひかりを運営するKDDIは、従来よりも格段に速度を向上させた光回線サービスを開始しました。そんなKDDIが提供する2つのサービスの特徴について以下の項目を順に説明します。

  • 月額料金
  • 初期工事費
  • プロバイダ
  • 提供エリア

 

1.1 月額料金

「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」は、「auひかり ホーム(1ギガ)」の月額料金に高速サービス利用料が加わった料金となります。高速サービス利用料はそれぞれ1,280円と500円となっています。

また、auひかりで「ずっとギガ得プラン(3年契約)」に申込むことで、超高速スタートプログラムが適用されます。こちらのプログラムは、3年間で500円が割引されるサービスです。

以下の表には、各サービスにおける基本料金と高速サービス利用料、超高速スタートプログラムを考慮した月額料金を載せています。

ホーム10ギガ ホーム5ギガ ホーム1ギガ
基本料金 5,100円 5,100円
高速サービス利用料 1,280円 500円
超高速スタートプログラム(3年間) ▲500円 ▲500円
月額料金 5,880円 5,100円 5,100円

「auひかり ホーム(1ギガ)」の月額料金に対して、料金はそこまで大きく変わらないことが分かります。やはり3年間の割引サービスの影響が大きいですね。

 

1.2 初期工事費

初期工事費は、従来までのauひかりと同じ費用の37,500円がかかります。最大速度が上がるからといって工事費が値上げすることはありません。

また、工事費の支払いは60回払いの625円×60カ月となっています。

 

1.3 適用プロバイダ

「auひかり ホーム10ギガ」と「ホーム5ギガ」では、

  • au one net(エーユー・ワン・ネット)
  • So-net(ソネット)
  • BIGLOBE(ビッグローブ)

3つのプロバイダを選ぶことができます。それぞれのプロバイダは、au one netがKDDI、So-netがソニー株式会社、そしてBIGLOBEはビッグローブ株式会社が運営しています。

auひかりの中でも以上3つは、品質の良い通信事業者として評判のプロバイダとなっています。また、@nifty(アットニフティ)は2018年4月より導入予定となっています。

 

1.4 提供エリア

「auひかり ホーム10ギガ」の提供エリアは、東京都、神奈川、埼玉、千葉県の4つのみです。関東エリアの一部だけの提供ということもあり、ほとんどの地域は提供エリア外となります。

また、対象の都道府県に住んでいる場合でも地域によってはエリア外である可能性があるため、申込み前にしっかりと確認しましょう。

 

2. 通信速度10Gbpsと5Gbpsを実現するためには?

通信速度を10Gbpsもしくは5Gbpsを実現するために、実は従来までのネット環境では実現できない可能性があります。通信速度を10Gbpsと5Gbpsまで出すためには、以下のようなスペックが必要となります。

  • LANポート 10GBASE-T以上
  • LANケーブル カテゴリー6a以上

10GBASE-T(テンジ―ベースティー)とは、最大速度10Gbpsで通信を行うイーサネットの規格の一つです。つまり、LANケーブルの差込口であるLANポートが10GBASE-T以上の規格を持ったものが必須となります。

しかし現在、上の条件を満たしたパソコンがまだまだ普及していないため、そのほとんどの方が新しく10GBASE-TのLANポートを購入する必要があります。「LANポート 10GBASE-T」の販売価格は、おおよそ2~3万円ほどになっています。

またLANケーブルにも、実は通信速度が変わる「カテゴリー」と呼ばれる規格があります。

LANケーブルの種類とその伝送速度については以下の表を参考にしてみてください。

LANケーブルの種類 伝送速度
カテゴリー5(CAT5) 100Mbps
カテゴリー5e(CAT5e) 1Gbps
カテゴリー6(CAT6) 1Gbps
カテゴリー6a(CAT6a) 10Gbps
カテゴリー7(CAT5) 10Gbps

ご覧の通り、速度10ギガを実現するためには最低でもカテゴリー6aのLANケーブルが必要となります。お値段は1,000円~3,000円ほどで販売されています。

もし現在、LANケーブルをお持ちの場合、LANケーブルの表面に記載されているカテゴリーを確認しましょう。ケーブルの表面には、「CAT5」といったカテゴリーが記載されていますので、確認は非常に簡単となっています。

 

3. 申込み方法

「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」の申込み方法は以下の3つがあります。

  • auホームページ
  • auショップ
  • au取扱店

それぞれの申込み窓口でキャンペーンが開催されています。特に、au取扱店である「NNコミュニケーションズ」では、キャッシュバック50,000円をもらえるキャンペーン特典が用意されています。

また、KDDIから公式キャンペーンとして、工事費割引があります。auひかりを60カ月間利用すると、5年間で毎月625円が割引されるため、初期工事費でかかる37,500円が実質無料になる内容となっています。

ただし、途中解約をする場合は、残りの工事費は全てご自分の負担となりますので、申込み前は注意しておきましょう。

>>NNコミュニケーションズの申込みサイトはこちら

 

4. まとめ

「auひかり ホーム10ギガ」と「auひかり ホーム5ギガ」は2018年3月から新しくサービス開始されたばかりということもあり、まだ利用者は少ない状況ですが、高画質の動画閲覧やオンラインゲーム、VRゲームなど通信速度が求められる場面で、多く需要があるサービスとなるでしょう。

しかし、最大速度10ギガを実現するためには、そもそも提供エリア内である必要がありますし、パソコンにもある一定以上のスペックが必要となります。ですので、エリア拡大もしくは基準のスペックを満たしたパソコンが普及しないと、一部の人のみのサービスとなります。

もし提供エリア外である場合は、そのまま従来通りのauひかり(最大速度1ギガ)に申込むのが良いでしょう。

>>NNコミュニケーションズの申込みサイトはこちら

 

 - auひかり , , , ,