auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

auひかりとUQ WiMAXはどっちが良い?比較して分かった各サービスに向いている人の特徴とは?

2018/06/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自宅で高速通信ができる光回線「auひかり」、もしくは家の外でもネットが可能なモバイル回線「UQ WiMAX」を徹底比較しています。

各サービスとも利用用途や料金、速度の違いがあることから、それぞれの回線に向いている人と向いていない人がいます。

結論から言えば、auひかりの利用が向いている人の特徴は、

  • データ容量の制限なしで使いたい(毎日2時間以上の動画視聴や大型のダウンロードなど)
  • 速度重視である仕事やオンラインゲームを頻繁に使う
  • お得なキャンペーン特典を受け取りたい

の3つがあります。特に、速度重視の方はauひかりの利用が良いでしょう。

一方のUQ WiMAXに向いている人は、

  • 工事無しでネットをすぐに使いたい
  • 初期費用をかけたくない
  • 外でもネットを使いたい
  • 月額料金を抑えたい

の4つの特徴があります。申込み後すぐにネットを利用したい方はWiMAXの利用が良いでしょう。

以上のように、各サービスに向いている人の特徴について紹介しましたが、このように結論付けた理由については、auひかりとUQ WiMAXを比較することで順を追って説明していきます。

1. auひかりの概要

auひかりは、大手携帯会社のKDDIが運営する光回線サービスです。KDDIと言えば誰でも知っているくらいの知名度と人気ですね。

そんなKDDIが運営しているauひかりの大きな特徴は、以下の3つです。

  • 「auひかり×auスマホ」のセット割がある
  • 申込み時のキャンペーン特典が充実している
  • 最大速度1Gbpsで速度制限なし(データ容量無制限)

特に、今現在auスマホを利用している方にとっては、auひかりとのセット割は見逃せない割引サービスです。また、他社の回線よりもキャンペーン特典が充実していると評判の光回線でもあります。

ちなみに、月額料金は戸建てタイプで5,100円、マンションタイプで3,800円で利用可能です。

 

2. UQ WiMAXの概要

2004年より導入された「WiMAX」とは、「Worldwide Interoperability for Microwave Access(ワールドワイド・インターオペラビリティ・フォー・マイクロウェーブ・アクセス)」の略称を指し、無線通信技術として利用されています。

今では、WiMAXというと「モバイル型のWiMAX」を指すことが多く、家の中だけではなく外でも無線でネット通信ができる回線として有名です。

WiMAXはいくつかの事業者が運営していますが、今回取り上げるのは、KDDIグループの「UQコミュニケーションズ株式会社」が運営する「UQ WiMAX」です。そんなUQ WiMAXの特徴を簡単に挙げると、

  • 外でも利用可能
  • 工事不要で申込後すぐに使える
  • 「UQ WiMAX×auスマホ」のセット割がある

の3つがあります。申込後すぐにネットを繋ぐことができるというのも、評判の良い一つとなっています。

また、UQ WiMAXはKDDIグループに所属する会社が運営していることもあるため、auひかりと同様にauスマホとのセット割引を利用できます。

最大速度は440Mbpsで月額料金は3年契約で4,380円となっています。

 

3. auひかりとUQ WiMAXを比較

ここからは、auひかりとUQ WiMAXの比較を行っていきましょう。

 

3.1 戸建てタイプはUQ WiMAX、マンションタイプはauひかりが安い

まずは、実際にauひかりとUQ WiMAXの料金をそれぞれ確認してみましょう。

  auひかり UQ WiMAX
月額料金 戸建てタイプ 5,100円 4,380円
マンションタイプ 3,800円

auひかりはお住いの住宅タイプによって料金が変化します。一方のUQ WiMAXはどちらの住宅タイプでも同じ料金になっています。

料金を比較すると、戸建てタイプの場合、auひかりよりもUQ WiMAXの方が安いと分かります。auひかりの場合、戸建てタイプにするとその世帯独自にネット回線を引っ張ってくるので、それだけコストがかかるんですね。

一方のマンションタイプだと、auひかりが安いです。WiMAXとは違い、auひかりのマンションタイプにおいては、マンション内の人と共有してネットを利用するので、利用者が多ければそれだけ料金が安くなる仕組みになっています。

 

3.2 最大速度はauひかりが速い(データ容量の制限なし)

auひかりは最大1Gbpsの速度を持つ光回線サービスです。データ容量も無制限になっているため、大容量のダウンロードや動画閲覧やオンラインゲームでいくらデータ通信を行っても最大速度1Gbpsは変わりません。

一方のUQ WiMAXは、最大440Mbpsとauひかりの半分ほどの速度ですし、データ容量にも直近3日間で10GB以上の利用をすると速度制限に引っかかる制約があります。

以下の図では、直近3日間でのデータ容量10GBを超えた場合と超えていない場合を載せています。

図をご覧の通り、1日目~3日目の間に10GB以上超えた場合は、速度制限がありますが、翌日にデータ通信を控えると、その翌日には速度制限がありません。

つまり、UQ WiMAXでは、速度制限に引っかからないために、データ容量を調整しながらネットをする必要があります。

ちなみに、速度制限では翌日の18時~翌2時まで速度が128Kbps(最大速度の約1/1000)まで落ちます。

実際、UQ WiMAXではデータ容量の超過によって速度制限かかっている人もいるくらいです。

特に口コミで多かったのが、UQ WiMAXのデータ容量が無制限と勘違いしていることです。UQ WiMAXでは3日間10GB以上の利用で、速度制限になることをしっかりと念頭に入れておきましょう。

また、通信速度に関しても、UQ WiMAXからauひかりに乗り換えると、速くなったという口コミが多数集まっています。

やはり、速度に関してはauひかりが最大1Gbpsの速度を有していることから、評判からも納得のいく結果となりました。

 

3.3 auスマホのセット割はauひかりが高い

auひかりでは、最大2,000円の割引「auスマートバリュー」があります。割引の適用条件は「auひかり×auスマホ」のセットで利用するだけです。

一方のUQ WiMAXは、最大1,000円の割引「auスマートバリューmine」があります。

KDDIが提供する「auスマートバリュー」の割引額は、消費者が契約しているプランによって異なります。

  auスマートバリュー auスマートバリューmine
ピタットプラン 500円 500円
フラットプラン 1,000円 1,000円
LTEプラン 1,410円 934円
データ容量(30GB) 2,000円 934円

上の表を比較すると、auからの新プラン「ピタットプラン」や「フラットプラン」においては、割引額は変わりません。

しかし、一方で「LTEプラン」や「データ容量(30GB)」だと、割引額はauスマートバリューが高いことが分かります。

auスマホの新プラン(ピタットプランやフラットプラン)を契約している方は別ですが、それ以外のプランで契約している方のほとんどはauひかりの方が割引額は大きくなります。

 

3.4 初期費用はUQ WiMAXがほとんどかからない

UQ WiMAXでは開通工事が不要ですので、初期費用は最初の手数料3,000円だけ支払えばOKです。しかも契約してすぐにネットを使うことができるのも大きなメリットです。

一方のauひかりは初期工事費で最大37,500円もの費用がかかりますし、申込みから開通まで2週間~4週間ほどかかります。auひかりは最大速度が速い光回線サービスということもあり、コストと時間がどうしてもかかってしまいます。

そのため、初期費用を抑えてすぐにネットを使いたいなら「UQ WiMAX」の利用がおススメです。

 

3.5 提供エリアはどちらも全国区

提供エリアはどちらも全国で利用できますが、WiMAXでは山間部の地域では提供されていない場合がほとんどです。また、たとえWiMAXのエリア内であっても電波の強弱差が大きいと評判になっています。

WiMAXは周囲の状況に応じて電波の入り具合が変わりますので、契約前にはご自分の活動エリアでネットが繋がるかどうか十分把握しておくのが良いでしょう。(UQ WiMAXのエリア確認はこちら)

一方のauひかりでも提供されていないエリアは一部ありますが、エリア内にあれば最大1Gbpsの速度でネットを楽しむことができます。(auひかりのエリア確認はこちら)

 

3.6 キャンペーン特典はauひかりが充実している

申込時に受け取れるキャンペーン特典はauひかりが充実しています。

例えば、auひかりの代理店「NNコミュニケーションズ」では、「ネット+ひかり電話」の申込みで50,000円、「ネットのみ」で43,000円のキャッシュバックを現金で受け取ることができます。

また、auひかりには数多くの代理店が存在しますが、こちらのNNコミュニケーションズは、キャッシュバック還元率100%を誇る数少ない代理店として有名です。

特に、

  • 受取り条件が一切無い(有料オプションの加入はなし)
  • 受取り手続きが簡単
  • 申込みから最短1ヶ月後に振込み

といった3つのメリットがあるのが特徴です。

一方のUQ WiMAXでは、10,000円のキャッシュバックキャンペーンが実施されています。

3年契約でUQ WiMAXを申込むと、商品券10000円分(JCBギフトカード)がプレゼントされます。ただし、auひかりと比較して、金額が低いことや商品券ということから内容が少し見劣りすることが分かります。

キャンペーン特典を比較した結果、やはりauひかりの方が充実していると言えるでしょう。

 

4. まとめ

ここまでauひかりとUQ WiMAXのそれぞれのサービス内容について比較してきましたが、やはり各サービスにおいて合う人と合わない人がいます。

auひかりはデータ容量が無制限(速度制限なし)で速度(最大1Gbps)が速いインターネット回線です。

そのため、データ容量を気にせずにネットを使う場合(家族で使うもしくは大容量のダウンロードを行うなど)やオンラインゲームなどの速度が重視する場合にはauひかりがおススメです。

>>auひかりの申込みはこちら

一方のUQ WiMAXは、データ容量が制限(3日間で10GB)ありますが、工事が不要で申込後すぐに使えるネット回線(最大速度440Mbps)です。

ですので、ある程度の速度が確保されつつ、申込んですぐにネット回線に繋ぎたい方はUQ WiMAXの契約が良いでしょう。

>>UQ WiMAXの申込みはこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2018 All Rights Reserved.