auのサービス全般(auひかり・スマホ)を分かりやすく掲載中!また、キャンペーン比較やお役立ち情報も随時更新しています!

DTI光の良い点と悪い点|評判・料金・キャンペーン情報も!

2018/09/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

DTI光とは簡単に言えば、以下のような特徴を持ったインターネット回線です。

  • 最低利用期間がない
  • 違約金が発生しない
  • 料金が安い

これだけ見ると、確かにお得なネット回線だと思いますが、実際のところ、良い点に隠れて悪い点もいくつかあります。

そこで今回は、DTI光の良い点だけでなく、悪い点についても詳しくご紹介したいと思います。

また、DTI光の評判や料金、キャンペーンも同時に紹介していますので、読んでしっかりと検討していただきたいと思います。

DTI光の概要(運営会社など)

DTI光を運営しているのは、株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(Dream Train Internet)と呼ばれる会社です。※名称が長いため、以下の文ではDTI社と略します。

そんなDTI社が手掛けるDTI光は、フレッツ光の回線を利用した光コラボレーションの一つです。フレッツ光の回線を使っていることから、通信エリアも全国に広がっており、回線の質自体も非常に安定しています。

その他にも、DTI社は、格安SIM(DTI SIM)の提供も行っています。

 

DTI光の評判

上記で紹介した特徴を持つDTI社ですが、以下にはDTI社に関する評判を載せています。

DTI光の通信速度は速かったり遅かったりと意見が真っ二つです。実際、速度が遅いという意見には、ユーザーが多く使う時間帯(お昼や夜)に遅くなるという声が多かったです。

確かにこれまでは回線が混雑すると通信速度が遅くなる傾向にありましたが、2018年9月よりDTI光では、回線の混雑対策として「IPv6接続サービス」の提供を始めています。

このIPv6接続サービスを使えば、今までインターネットが混んでいた時間帯でも、回線が混まずに快適にインターネットへ接続することができます。※下図は、従来のネットとこれからのネットの違いのイメージ図となります。イメージ図では、道路=ネット回線、車=ユーザーと当てはまります。

また、2015年度に通信速度の評価を行う「RBB SPEED AWARD 2015」においては、数ある光回線の中でも優秀賞を獲得している実績があります。(※株式会社イードが、約485万の測定データを用いて、ネット速度の評価を行っています。)

これからDTI光は通信速度がさらに安定していく回線と言えるでしょう。

また、DTI社が提供するDTI SIMに関しても、回線や料金に関して、満足のいく口コミが多かったです。

以上の口コミ調査から、DTIのサービスは、比較的評判が良いということが分かりました。

 

DTI光の悪い点2つ

ここまで、DTI社の評判を見てきて、良い印象を持つ会社でしたが、DTI光のキャンペーンやキャッシュバックの調査を進めていくと、どうしても悪い点がいくつかありました。

 

①初期工事費がかかってしまう

DTI光の初期工事費は、戸建タイプで18,000円、マンションタイプで15,000円がかかってしまいます。

もしかすると、「初期工事費がかかるのは普通なのでは?」と思われる方も居るかもしれませんが、実は工事費が無料になる光回線がいくつかあるんです。

工事費が無料になる代表的な光回線は、auひかりやビッグローブ光です。これらの事業者が実施しているキャンペーンでは、工事費を無料にすることで、ユーザーの初期費用を抑えてくれます。

そのため、DTI光では、初期費用として工事費がかかってしまうのは、あまりお得な光回線ではないということになるわけですね。

 

②他社のキャンペーンと比較して、DTI光のキャッシュバックは低額

上の画像のように、DTI光が行っているキャッシュバックのキャンペーンは最大19,000円と一見お得に見えますが、他社の光回線と比較すると、どうしても金額が低いです…。

今回はそのキャッシュバック額を比較するため、以下の表において、auユーザーに人気のauひかりとビックローブ光とのキャンペーン内容を比較しています。

光回線 キャッシュバック金額
DTI光 最高19,000円
auひかり 最高55,000円
ビッグローブ光 25,000円

auひかりやビックローブ光では、高額のキャッシュバックを受け取れるうえに、先ほど紹介した工事費が無料になるキャンペーンも適用されます。

しかし、DTI光では、19,000円キャッシュバックのキャンペーン特典だけであり、先ほど説明した工事費(18,000円)は全額負担しなければなりません。

ですので、トータルで考えるとキャッシュバック分が工事費に充てられるだけで、実際のところ、それほどお得なキャンペーンではありません。

 

DTI光の良い点4つ

では、次にDTI光の良い点を詳しく見ていきましょう。

 

①月々の料金が安い

DTI光は他社のネット回線よりも料金が安いというのが特徴です。では、具体的に、DTI光と他社のネット回線の料金を以下の表より比較していきましょう。

光回線 戸建てタイプ マンションタイプ
DTI光 4,800円 3,600円
auひかり 5,100円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円

やはり、利用者の評判どおり、DTI光の料金は安いですね。DTI光の料金は、インターネット回線でも安い部類に入るため、人気の一つとなっています。

 

②最低利用期間がない

auひかりやビッグローブ光だと、2年間もしくは3年間の最低利用期間が存在し、その利用期間内に解約をしてしまうと、違約金が発生してしまいます。

しかし、DTI光では最低利用期間が一切ないため、違約金が発生することがないです。

そのため、2年未満の短期間でネットを繋ぎたいという方には、ピッタリの光回線と評判です。

 

③DTI SIMを使っている場合、毎月150円の割引がある

DTI社が提供するDTI SIMを利用していると、DTI光の回線料金が毎月150円の割引があります。

ですので、ご自分のスマホがDTI SIMの場合、DTI光に申し込んだ方がお得に利用できます。

 

④auユーザーだとauセット割が受けられる

auユーザーの方でもDTI光を利用すれば、auセット割という割引サービスが受けられます。

auセット割は、契約しているauスマホのプランによって割引額が変わりますが、最高1,200円、最低でも500円の割引があります。

また、割引の条件に関しても、DTI光とauスマホの同時利用を満たしていれば、割引が受けられます。

auユーザーならこのような限定の割引が受けられる光回線を選ぶのが良いでしょう。

 

👉よく耳にする「auスマートバリュー」とは何が違うの?

もしかすると、当記事をお読みの方には「auスマートバリュー」と何が違うのか?と思われている方も居るのではないでしょうか。

auセット割とauスマートバリューは割引サービスという点では同じですが、いくつかの違いがあります。

そこで、まずはこの2つの割引サービスの大きな違いについて、以下の項目に分けました。

  • 割引対象
  • 割引金額
  • 割引条件

これらの違いについて、各割引サービスの特徴を示していますので、ご一読ください。

  auセット割 auスマートバリュー
割引対象 光回線の料金 スマホ一台あたりの料金
割引金額 500円~1,200円 500円~2,000円
割引条件 光回線のみ 光回線+光電話(500円/月)

ここで注目したいのが、割引対象です。

auスマートバリューでは、スマホ一台の料金が割引されるため、仮に家族4人がauスマホユーザーだとすると、月々最大で8,000円の割引がされます。しかし、auセット割だと、いくらauユーザーが複数人居たところで、割引金額が増えることはありません。

そのため、家族でauユーザーの場合、auセット割の光回線を選ぶより、auスマートバリューを実施している光回線がお得に利用できます。

ちなみに、auスマートバリューの光回線は、auひかりやビッグローブ光が主流となっています。

また、割引条件に関してはauセット割の方が簡単です。光電話が不要な方はauセット割を選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

今回は、DTI光の評判を始め、良い点と悪い点についてご紹介しました。

DTI社の評判は上々でしたが、実際にDTI光に申込むと、工事費がかかってしまったり、キャッシュバック額が低かったりといった悪い点があります。

しかし、一方で月々の利用料金が安いうえに、最低利用期間がないというのがDTI光の良い特徴です。

では、DTI光を申し込む人はどういった人が良いのかというのを以下にまとめてみましたので、ご自分に当てはまるか確認してみてくださいね。

  • キャンペーン特典はそれほど重要視していない
  • 短期的な利用(2年以内)を計画中の方(最低利用期間がないから)
  • auスマホもしくはDTIスマホを一人で利用している方

以上3つの条件に当てはまる方はDTI光は快適に利用できるでしょう。

 

しかし、充実したキャンペーン特典を受け取りたい、もしくは家族でau料金を抑えたいなら、別の光回線を選ぶのが良いでしょう。

たとえば、auひかりの場合、家族にauユーザーが複数人居るケースだと、auセット割よりもauスマートバリューの方が割引額は必然的に大きくなります。さらに、初期工事費用もキャンペーンで無料になるうえに、最高55,000円のキャッシュバックが受け取れます。

>>auひかりの詳しい情報はこちらから

 

しかし、auひかりは提供エリアが狭いという欠点を持っているため、申し込めない人が続出しているのも事実です。そんな方には、以下の記事を参考にしてみてくださいね!

>>auひかりの提供エリア外だった場合の対処法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© auボーイのauひかりブログ , 2017 All Rights Reserved.