一人暮らしのインターネット回線はどこが最適?au利用者におすすめのサービスも紹介中♪

   

一人暮らしでインターネット回線を繋ぐとなると、大きく分けて以下の5種類が選べる対象となります。

  • 光回線(auひかりやソフトバンク光など)
  • モバイルルーター(WiMAX)
  • テザリング
  • ケーブルテレビ
  • ADSL

以上5つのインターネット回線にはそれぞれ特徴がありますが、一番重要なのはご自分がどのような状況でどれくらいネットを使うかです。例えば、いくら速度が速いからと光回線にしたところで、自宅で使う頻度が少なければ非常にもったいない契約となります。

ですので、上で挙げた各インターネット回線の特徴をしっかりと理解したうえで、ご自分が「どのような使い方」をするのかしっかりと判断してみましょう。

1. ケーブルテレビとADSLの申込みは辞めておこう

専用のチャンネルを閲覧するケーブルテレビや電話線でネットに繋ぐADSLは、申込みを辞めておくべきインターネット回線です。その理由として、

  • 最大速度が数Mbpsとかなり遅い。動画閲覧やオンライン電話、オンラインゲームに不向き
  • 料金の相場はどちらも4,000円ほど。光回線やモバイルルーターの料金とほとんど変わらない

とデメリットがかなり大きいです。特に、この2つのネット回線は速度が遅いことで評判になるほどです。

ケーブルテレビでネットを繋ぐ人の中には、住んでいるマンションにケーブルテレビが繋いでいるからとそのまま契約してしまいがちです。しかし、後々になってネット速度が遅いからと別のネット回線に乗り換えてしまう方が大勢居るくらいです。

ですので、自宅にケーブルテレビが繋がっているからとそのまま契約するのはおススメできません。

また、10年以上前まで普及していたADSLのネット回線ですが、最大速度が速い光回線の登場で今ではほとんどの家で見かけなくなりました。やはり最大速度が数Mbpsと非常に遅いため、技術が進んだ現代では時代遅れのネット回線です。

以上のことから、これら2つのネット回線に申込むのは辞めておきましょう。

 

2. 各インターネット回線に向いている人

各インターネット回線に向いている人にはいくつかの特徴があります。

 

2.1 光回線に向いている人

光回線と言えば、フレッツ光やNURO光、auひかりなど数多くのインターネット業者があります。そんな光回線は、インターネット回線の中で最も速い速度を提供しているサービスであり、最大速度はなんと1Gbpsです。

先ほどご紹介したケーブルテレビやADSLと比較すると、最大速度が10倍~100倍以上もの差があります。

特に近年、NURO光やauひかりの光回線は、最大10Gbpsの速度を提供を発表しているため、光回線の業界は凄まじい勢いで成長しています。

また、キャリアで契約したスマホには月間データ容量が定められており、その容量に引っかかってしまうと速度が制限されてしまいます。しかし、光回線では月間データ容量が無制限となっているため、速度制限に引っかかることなくインターネットが使い放題になります。

ですので、たとえ一人暮らしだとしても、高画質の動画やオンラインゲームなどデータ通信量が比較的大きくなる場合は、光回線サービスを使うのが向いているでしょう。

光回線に向いている人の特徴
・データ容量を無制限に使いたい(例:YouTubeなどの動画閲覧やオンラインゲーム、テレビ電話などを頻繁に利用する場合)
・自宅でネットを使う頻度が多い
・初期費用や料金がかかっても構わない

 

2.2 モバイルルーター(WiMAX)に向いている人

モバイルルーターにはWiMAXをはじめとした事業者がいくつもありますが、共通する特徴として以下の3つがあります。

  • 工事不要
  • 申込んですぐに使える
  • 外出先でも利用可能

例えば、光回線を申込むとなると、開通工事をしなければならずどうしても時間やコストがかかってしまいます。しかし、モバイルルーターは工事が不要であるため、開通までの時間を短くできるうえに、工事費も全くかかりません。

また、外出先でネットを多く使う場合でも、街中に飛んでいるフリーWi-Fiをわざわざ探さずにモバイルルーター一つでネットに繋げられます。まさに便利な代物です。以上のことから、一人暮らしでモバイルルーターに向いている人の特徴は、以下のようになります。

モバイルルーターに向いている人の特徴
・申込んですぐにネットに繋ぎたい
・初期費用をかけたくない
・工事業者が家の中に立ち入るのが嫌
・マンションの大家や管理会社から工事の許可を取るのが面倒くさい
・外出先でネットを多く利用する予定

 

2.3 テザリングに向いている人

スマホに搭載されているテザリングとは、インターネットと端末をスマホによって両者を結びつけるサービスのことです。概要図は以下の通りです。

つまり、スマホを持っている人なら誰でもテザリング機能を使えばインターネットに接続ができます。また、テザリングは月額500円ほどで利用できるため、ネットの料金を抑えたい方には十分な機能です。

ただし、スマホにはデータ容量制限がかかっているため、使いすぎてしまうと速度制限に引っかかりやすいのがデメリットとなります。以上のことを踏まえ、一人暮らしでテザリングに向いている人の特徴を以下のように挙げてみました。

テザリングに向いている人
・工事をせずにすぐにネットに繋ぎたい
・月額料金を抑えたい
・契約しているスマホのデータ容量が大きい

 

3. 光回線の場合:基本的に携帯のキャリアと同じ運営会社にするのが良い

auスマホならauひかり、ソフトバンクスマホならソフトバンク光といったように、運営会社を同じにすると、スマホと光回線のセット割引があり非常にお得です。そのため、基本的に光回線は携帯キャリアと同じ会社にするのが良いでしょう。

特に、au利用者に適用される「auスマートバリュー」は、毎月500円~2,000円の割引があるスマホセット割です。(※割引額はスマホの契約内容で変わります。)

通常だとauひかりは戸建てタイプで5,100円、マンションタイプで3,800円の料金がかかりますが、こちらのスマホセット割引を使えば、毎月割引がされた状態で利用可能です。

それにauひかりでは、一人暮らしの人にも嬉しいキャンペーンが実施されています。以下の図をご覧になると分かりますが、ネットのみで43,000円のキャッシュバックがもらえます。

オプションのひかり電話を付けるとさらにプラス7,000円の50,000円のキャッシュバックになります。

その他にも、以下の3つの特典が提供されています。

  • 工事費無料キャンペーン
  • 他社回線の違約金を負担(乗り換えた方限定)
  • 月額料金の割引(戸建てタイプ限定)

auひかりでは特典が充実しているので、せっかく申込むならキャッシュバックをしっかりとゲットしてお得にネットを使うことをおススメします。

>>auひかりの申込みはこちらから

au以外の方は、スマホと光回線の運営会社が同じ事業者で申込みを行いましょう。

 

4. モバイルルーターの場合:UQ WiMAXがおすすめ

UQ WiMAX社が運営する月額4,380円のモバイルルーターは、工事不要で最大440Mbpsの速度を提供するネット回線です。WiMAXにはいくつもの提供会社がありますが、UQ WiMAXをおススメするのは以下の3つの理由があります。

  • au利用者なら「auスマートバリュー mine」で最大1,000円割引
  • 最大3カ月間のお試し期間あり(プランの変更が可能であり、解約は不可能)
  • 月間データ容量がない(3日間で10GBの制限はある)

特に、au利用者にとってはありがたい「auスマートバリュー」があるため、auひかりにせずともこちらでも安くネットを使うことが可能です。

また、モバイルルーターをどれほどの頻度で使うか分からない場合、最大3カ月間のお試し期間が適用されます。この期間では「データ通信容量は何ギガ使うのか?」「自分が活動するエリアでネットは繋がるのか?」など一人暮らしを始めてから3カ月間で品定めすることができます。

ただし、このお試し期間中はあくまでプラン変更のみができるのであって、解約をすると違約金が発生してしまうため十分に注意しましょう。

>>UQ WiMAXの申込みはこちらから

 

5. テザリングの場合:携帯会社に申込みしよう

何もせずそのままの状態だとテザリング機能は使えません。契約している各会社にテザリング機能の申込みを行いましょう。au利用者は以下の記事通りにすれば、テザリング機能を使うことが可能です。

>>auスマホでテザリングをする方法とは?

ドコモやソフトバンクなど他社の回線の方は、それぞれで申込み方法が異なるので、十分注意しながら申込みを行ってみましょう。

 

6.まとめ

ここまで一人暮らしのネット回線はどこが最適であるかをご紹介してきました。特に、auスマホの利用者はauひかりやUQ WiMAXといったKDDIに関連したネット事業者に申込む方が、セット割引が受けられてお得になります。

>>auひかりの申込みサイトはこちら

 - インターネット , ,